ここから本文です

九月上旬~中旬に着る着物と帯についてお尋ねします。 端境期はまだまだ暑いけれ...

アバター

ID非公開さん

2012/8/900:06:43

九月上旬~中旬に着る着物と帯についてお尋ねします。
端境期はまだまだ暑いけれど、真夏のような格好はできないので困っています。
以下の3つのような場合に、皆さんはどのような着物と帯で出かけられますか?

(1)観劇やクラシックコンサート、ワインのパーティ
(2)美術館や友達とのお食事
(3)ショッピングなどの気軽なお出かけ

ご教示のほど、よろしくお願いいたします。

閲覧数:
18,855
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mosuchocoさん

2012/8/910:28:35

最近は9月でも日中の最高気温が30度オーバーの日も珍しくないので、9月上旬ならお茶会以外の席では絽を選びます。
中旬はその日の御天気によって。
単衣でも何とかなりそうだと思う時には単衣を着ますが、予想最高気温が30度越えてたら絽にします。
(1)上旬=絽の飛び柄小紋+絽綴の名古屋帯。但し小物の色合いを若干秋を感じさせるものに変えて。
(1)中旬=気温が比較的低ければ(最高気温25度前後までであれば)単衣の飛び柄小紋+塩瀬などの染めの名古屋帯や洒落袋帯

(2)上旬=小千谷の綿麻縮や夏大島(風を含む)+生紬の名古屋帯
(2)中旬=単衣の小紋or単衣の生糸系の紬+名古屋帯や洒落袋帯

(3)は(2)とほぼ同様。

という感じでしょうか。
私の絽の着物は何故か余り濃くないグレーに小さな模様が飛んだものが多く、単衣の着物はベージュやグレー・紺といったニュートラルなイメージの色のものにしてるので、6月は淡い水色・クリーム・萌黄・淡い藤色といった明るい色、9月はレンガ色・赤葡萄のソフトクリームのような深みのある藤色・抹茶・芥子など深みのある色の小物を合わせることで季節に合わせるようにしています。

アバター

質問した人からのコメント

2012/8/15 23:51:31

降参 帯合わせや色合いについて詳しく解説してくださったので、
ベストアンサーに選ばせていただきました。
ご回答くださった皆様、ほんとうにありがとうございました!
とても参考になりました。

「9月の着物は何を着る」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

yosiiiinoさん

2012/8/1010:59:40

私の場合は、柔らかものでないと…という感じの所以外は紬なので、観劇・クラシックコンサートが夜なら涼しければ単衣、暑ければ絽、他は涼しければ単衣の紬、暑ければ夏紬や麻にします。
(3)の場合は、外を歩いたりするようなら夏物にするかなと思います。
小物などは袷の時に使うものと夏物を、天候を見て適当に混ぜます。
長襦袢・下着類はできるだけ涼しいもので。麻の長襦袢はやめておくかも。

xonutsさん

2012/8/903:53:55

お天気次第で絽ですね。この季節にあう単が思い浮かびません。あと9月も着られると宣伝されている縦絽が何枚かあれば縦絽が便利で最近何年かは9月は縦絽です。都内だとお彼岸までは普通の絽でうろついても全然違和感ありません。

siozawaomesiさん

2012/8/902:46:49

ここ最近の暑さは異常です。

挙げられた場所は全て普段着で行けるところなので中旬くらいまでなら真夏の格好で行きますね。
洋服でも暑かったら夏物着ませんか?
強いていえば、金魚やら朝顔やらの真夏柄を避けるくらいです。

周りに(未だに夏物着てる)と思われても全く気にしません。少なくとも私の周りの着慣れた人達は普段着の場で9月に薄物を着ていても咎めることはありません。
以前9月10日に無理に単衣を着て駅まで10分歩いただけで倒れそうになりました。。
もちろん涼しければ単衣を着ますが、涼しかったことがないですね(笑)

普段着の時はその時の天気や気温に適した着たい着物を着ています。
その代わり、色柄で季節感を損なわないように気を付けます。

ルールが気になるようでしたら、菱絽などの透け感の少ない着物に濃い色の長襦袢を合わせるなどで透けないようにしてみられてはいかがですか?

着物メーカーも試行錯誤で時代に合った新しいジャンルの着物を作っていますので、あまりルールにこだわる必要はなくなってきていると個人的には考えます。
例えば、前述の長襦袢次第で薄物にも単衣にもなる着物なども作られていますので、探してみられたらいかがでしょう。普通の呉服屋にはあまりないかもしれませんが…

2012/8/901:11:26

基本的にはルールに忠実に、そして少しだけお天気と気分で調整します。
小物類は絽の帯揚げや晩夏、初秋用の帯締めは守り、
着物は9月用で、帯はTPOで調整します。
着物は単衣。帯はTPOで絽だったり、涼しげな袷だったり。

①綸子や縮緬の単衣の付け下げなど。
ワインバーなら、ワイン色の着物にしたりすることも。
②目立たないように紬や小紋など。帯留めする事もあります。
③目立ち過ぎない紬や絹物の単衣。

単衣の季節のバリエーションは少ないです。
少し盛装めの時は、付け下げで大体カバーできます。
普段着は目立たない物を選びます。
単衣も6月と9月では色柄のトーンが違うので、
初夏用と秋用を自分で決めています。
単衣の季節の正装用に
透明感のある華やかなグレーと藤色の色無地を作ろうと考えています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。