ここから本文です

マイナス思考をプラス思考に変換する為に脳科学、心理学、自己啓蒙、スピリチュア...

ves********さん

2012/8/1020:02:34

マイナス思考をプラス思考に変換する為に脳科学、心理学、自己啓蒙、スピリチュアル等、ありとあらゆる本を読み、 それらのアドバイスを実践しましたが成果を上げる事は出来ませんでした。
プラス思考の友人がいて彼の人生は、挑戦と喜びの連続です。僕は挫折と苦痛の連続です。たまに起こってもいない想像に囚われ怒りで爆発しそうになります。毎日の生活も辛い気持ちを貯蓄しているようです。プラス思考に変換しょうとすると数々の不条理な出来事や虐めが努力を台無しにします。しかし、マイナスで生きるのは辛い、どうしたらプラスに変われるのでしょうか?

閲覧数:
1,734
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

big********さん

2012/8/1020:38:11

勉強されたのでしたら、すでにあなたの読んだ書物に記されているかもしれませんが、取り敢えず回答します。

まずマイナス思考の理解をする必要があります。マイナス思考とはどういったもので、人間にどのような影響を与えるのか。

まずあなたが失恋したとして、いわゆるマイナス思考になったとします。考える内容というのは『恋しなければ良かった』『自分はダメな人間だ。不幸な人間だ』『死んだ方がマシだ』などと考えると思います。

ではそれからそれに伴ってどのような影響が出るか。

普段の日常からそのことが頭から離れず、遊びに行っても調子が良い時より格段に楽しくなく、ご飯も美味しく食べれない、むしろ食欲すら削がれることもあります。

やる気がなくなり失敗が多くなり、そしてやらなければならないことにも手を付けず、それがどんどん山積みになって行き、更に『嫌なことばかり起こる』と思うようになるのです。

そして最終的に周りから『時間が解決する』とアドバイスを受けて、これ見よがしに時間をふんだんに使い、マイナス思考を続けて行きます。


ではこれを踏まえて、考えて見て下さい。逆にメリットはありますか?そしてマイナス思考の必要性はどこにありますか?



考えて頂いたあと、以下を読んで見て下さい。


マイナス思考で考え続ける内容というのは、答えが出ないもの。『自分は不幸だ』『やらなければ良かった』など、これっていくら考えても答えなんか出ませんよね。

それを長時間使って、楽しいことや美味しい物をカットしてまでネガティブになる意味はありますか?

そして不幸なことが続くのは、上記の通りマイナス思考を続けるがために、やらなければならないことを避けたり、手を抜いたりする結果、どんどん溜まって行き、招くことがほとんどです。

言うなれば二次災害みたいなもの。しかもそこまでやっていても、自分の身に降りかかる災いが原因のように考えて、現実の問題を受け入れません。

それに何の得があるのでしょう。

長時間そんな状態になって、何か楽になったり、何かが自然と解決するのでしょうか。時間が解決なんかしません。

その点プラス思考を利用すれば、どんな直面においてもすぐに問題を解決して、次のステップに行けるのです。

どのようにするのかですが、まずは無意味なことを考えない。次に嫌な出来事があった場合、解決に時間を取らせない。極力短時間で片付ける。

時間をかければそれだけ他の問題も出てきて、苦しくなるからです。ここが一番重要なところで、合理的な解決方法を考えて実行しなければいけません。

それを繰り返すだけで、自然とプラス思考が身につき、視界が広がって行き、自分の無駄が無くなりどんどん人生を謳歌出来るようになります。

質問した人からのコメント

2012/8/17 11:12:06

みなさん回答ありがとうございます。 アドバイスを参考にして頑張ります。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cps********さん

2012/8/1419:55:06

わたしは心理カウンセリングのスクールに通っていましたよ。
このような掲示板とかでもカウンセラーとかってすごい叩かれているんですよ。そんなの勉強しても無駄だとか。
わたしもそういう意見を読むとテンションは下がりましたよ。身近な人にも婚活すればーと言われましたしね
でもまたほかのスクールに通う予定ですよ!自分で決めたことだし。だから今はもう否定的な意見は相手にしていません。
正直そのスクールに通って自分に大きな変化があったかというとありませんよ(・_・;)
(これは個人の感想です)でも新しい人たちとの出会いもあったし、授業の中で自分の人生について発表するときがありました。なかなか人の人生と自分の人生って比べることができませんよね。
しかしそこで私の人生はほかの方と比べてちょっと辛い人生だったのかもと思いました。
今思い返せばこの10年間生きること生活することに焦点を置いていました。
でもここ2年くらいは自分らしく自分のために生きられています。
わたしはすごくポジティブで友達にもよくそう言われます。すみませんそれはなぜだかよくわかりません。

うすうす感づいていましたが、この授業でわたしの人生は苦労が多かったと確信したわけですが、いろいろ経験したせいか、わたしは多少のことには動じないし、根性座っていると言われています。
質問者様は挫折と苦痛を味わっているのですよね。それって自分から進んで経験しようと思ってもなかなかできないし、進んで経験しようともしないでしょ?いいじゃないですか普通の人が経験できないことができてそれが自分の糧になっているのですから。
わたしはそこいらの同世代には負けない自信がありますよ。
あなたも自信を持って生きていけばいいんですよ。
人と比べる必要もなし!自分は自分。

dai********さん

2012/8/1022:23:29

たしかにプラス思考が大切と言われるわりに、どうやったらプラス思考になれるのか書かれた本は少ないですね。

北京オリンピックで女子ソフトボールチームのメンタル・トレーナーをされた方が書かれた「3秒ルール」には具体的な方法が解説してありましたよ。

もっとも、この本はすでに絶版なので入手は困難だと思いますが、もしお持ちならば第3章から読み直してみてください。私は図書館でかりました。

本との出会いはタイミングが重要なので、いくら素晴しい内容でも読み手に受け入れる準備ができていなければ正しく理解できません。理解したつもりで見落としていることがよくあります。

あなたは友人という身近な手本があるので猜疑心や先入観がない分、ラッキーですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる