ここから本文です

パレスチナ問題、イスラエル問題など、中東問題に解決策はありますか。

lon********さん

2012/8/1118:23:02

パレスチナ問題、イスラエル問題など、中東問題に解決策はありますか。

閲覧数:
1,760
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ねこそぎさん

2012/8/1119:03:14

歴史的経緯とシオニストの思考を考えるとありません。唯一の解決策はイスラエルが消滅することです。
参考
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/_floorA6F_hd.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fio********さん

2012/8/1119:19:50

パレスチナをめぐる紛争は、もう解決は望めないでしょう。

日本の県数個分の面積の委任統治領パレスチナが、第二次世界大戦が終わってイスラエル国とアラブ国家に分かれたとき、総人口は五百万人にもとどきませんでした。
イスラエル国には在地と欧州から流入したユダヤ人、それにアラブ系住民が住み、アラブ国家は原則アラブ系住民だけでしたが困ったことにどの国家に所属するかが決まっていませんでした。

そして分かれた瞬間に、エジプト・ヨルダン・シリアなど周囲のアラブ諸国が侵攻し戦争が始まりました。
数度の戦争でイスラエル、アラブの領土分割が終わったとき、もともと帰属不明なパレスチナ人はアラブ・パレスチナのほか、ヨルダンを中心に周辺諸国に避難、パレスチナ難民となりました。

そもそもヨルダンがかつては委任統治領パレスチナから、ハシム家のヨルダンとして分けられた国ですから、住民に違いがあるわけではなく、同族としてヨルダン内に自治キャンプをつくられると王家の支配が覆されることを心配した王家の政府はパレスチナ人キャンプを攻撃、パレスチナ人はヨルダン川西岸地区とレバノンに移動することになりました。

このように試練を受けて荒野をさまよう中でパレスチナ人が形成されたというのは、古代ユダヤとも似ています。
しかし、このようになってみると、旧委任統治領パレスチナ生まれの人たちだけがパレスチナ人とは言えなくなってしまいます。
更に数十年の難民生活の中で新たに生れた世代は、民族の神話としてのパレスチナを聞いていても、パレスチナの土地との紐帯はほとんど持たない人々です。

そしてまた経緯があって、西岸地区とガザ地区にパレスチナ国家が形成されましたが、彼らにとってはあくまで暫定領土です。
人口は既に700万人。
しかも国外には1千万人に近いパレスチナ人が、かなうことなら帰国をと願っています。
不自由な難民暮らしも、帰国すれば土地と仕事を得て安定向上するだろうと期待しています。
しかし、繰り返して言えば西岸地区とガザ地区ではこれだけのパレスチナ人に普通の暮らしを与えられないことは明白です。

しかしアラブの海に囲まれたイスラエル国側も、国を確かなものとしていくため人口増政策をとっていて、人口はこちらも700万人を数えます。
そして、それに数倍するユダヤ人社会がアメリカ合衆国を中心に存在していて、ユダヤの聖地確保を望んでいます。

大幅に増えた人口、乾燥地帯にあり居住可能地に少ない国土、国土配分の不均等、そして国外の多数のステイクホルダーがいては、大胆な大同団結は望むべくもありません。

解決策は必ずリスクを負わされる人を産みます。
問題はもう全面解決不可能の領域にはいり、両者の強弱で微妙なバランス調製をはかっていくしかないでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる