ここから本文です

【食べ物にまつわるミステリー】

pac********さん

2012/9/108:08:22

【食べ物にまつわるミステリー】

食べ物を題材としたミステリーの特集を組むことになったので、思い当たる作品があれば教えていただきたいです。

米澤穂信「小市民シリーズ」のように、食べ物がメインではないけれど、作品において欠かせない要素であるとか、スタンリー・エリン「特別料理」のように、異色なものであるとか、なるべく幅広く探しています。

回答よろしくお願いします。

閲覧数:
925
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2012/9/121:43:03

嵯峨島昭「グルメ殺人事件」「グルメ刑事」「美食倶楽部殺人事件」(光文社文庫)
酒島章警視を主人公に毎話、食に関するミステリーが展開される。料理や食事の描写が「美味しそう」というだけではなく、調理方法がトリックにつながっていたり、食へのこだわりが殺人の動機に関わっていたりというもの。
ちなみに著者は、官能小説家として一世を風靡した宇能鴻一郎だが、これらの作品にはそのての色っぽさはなく、比較的まともな、軽いタッチだが本格色のあるミステリーとなっている。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rer********さん

2012/9/116:58:24

米国のティブレイクミステリーとよばれるものによく食物の話がでています。
その中でもシャーロットマクロウドもしくはアリサ・クレイグ(同じ人)の作品は多いです。
サヤインゲンのピクルス、チキンポットパイ、などが凶器になっていますし、ミンスパイの具のレシピが犯罪動機になってたりします。キャラが作中で食べるものもくわしく説明されています。(ハイティのメニュとかハマグリフライのクレープとかタラの干物とか揚げパンとか。)

シャンディ教授シリーズ・米国農大物後に司書と
チキンポットパイとか

セーラ・ケリングシリーズ・清教徒名門(金はない)の若い未亡人がユダヤ人美術品探偵と・・
タマネギのみじん切りがある植物の・・・

ジェネット&マドックシリーズ・古い開拓農家でOLやめて帰って来た娘と騎馬警官(カナダのFBI)が・・・
サヤインゲン

ディタニー・ヘンビットシリーズ・清書サービス秘書と西部劇作家が・・・
ミンスミート・・・

こうしてみると恋愛要素ありまくりですね。

mac********さん

編集あり2012/9/208:00:21

ロアルド・ダール「おとなしい凶器」古い作品ですが、殺人を犯した後の凶器の始末の仕方が素晴らしい。犯人が主婦であるがゆえに可能な方法と思います。これ以上はネタバレになるので書けません。現代の作品ですと「チョコチップクッキーは見ていた」から始まるお菓子探偵ハンナシリーズ。ミネソタ州の田舎町でクッキーやケーキを売る主人公が登場。作品中に出てくるお菓子のレシピ付き。

gro********さん

2012/9/110:52:12

ダンセイニ『二瓶の調味料』
ハリー・クレッシング『料理人』

アガサ・クリスティ『二十四羽の黒つぐみ』
ドロシー・L・セイヤーズ『毒を食らわば』
レックス・スタウト『料理長が多すぎる』
アントニー・バークリー『毒入りチョコレート事件』

飲み物程度でもいいのであれば
アガサ・クリスティ『事故』
有栖川有栖『ロシア紅茶の謎』『ロジカルデスゲーム』
なども。

異色なものだと
ディクスン・カー『妖魔の森の家』
食べ物に関するあるものが
大事な役割をします。

coc********さん

2012/9/110:26:50

「メイン・ディッシュ」北森鴻
小劇団「紅神楽」を主宰する女優・紅林ユリエの恋人で同居人のミケさんは料理の達人にして名探偵。どんなに難しい事件でも、とびきりの料理を作りながら、見事に解決してくれる。でも、そんなミケさん自身にも、誰にも明かせない秘密が…。ユーモラスで、ちょっとビターなミステリ連作集。文庫化に際して、新たに特別短編を加筆。さらに美味しくなった、スペシャル・メニューを召し上がれ。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%...



「香菜里屋を知っていますか」北森鴻
お客さまが持ち込む謎と、その解決。それが当店の裏メニューです。マスターの工藤が作るちょっとした料理と、アルコール度数の異なる4種のビールが自慢のビア・バー香菜里屋が消えた…。人気「香菜里屋」シリーズ完結編。
http://www.amazon.co.jp/%E9%A6%99%E8%8F%9C%E9%87%8C%E5%B1%8B%E3%82%...



「禁断のパンダ」拓未司
第6回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。『四日間の奇蹟』(浅倉卓弥)、『チーム・バチスタの栄光』(海堂尊)など話題作を次々に生み出す、『このミステリーがすごい!』大賞の今年の受賞作は、「この10年で一番美味しいミステリー。いますぐフレンチが食べたくなる」大森望(翻訳家・評論家)、「美食というのは体に毒だ。でもこのミステリーでなら大丈夫。ごちそうさま!」香山二三郎(コラムニスト)、「まさしく美味――この美食ミステリーを『このミス』大賞に迎えられたことを、選考委員として誇りに思う」茶木則雄(書評家)、「グルメファンは大注目」吉野仁(書評家)と、選考委員から絶賛された★★★の美食ミステリー。新進気鋭の料理人と、鋭い味覚をもつ元料理評論家が覗くグルメ界の闇とは……。じっくりお楽しみください。
http://www.amazon.co.jp/%E7%A6%81%E6%96%AD%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%...



「蜂蜜のデザート」拓未司
甘~いデザートにも毒がある!? 『このミス』大賞作家が、美味しいデザートとパティシエ業界を舞台に描くグルメ・ミステリーです。神戸でフレンチ・スタイルのビストロを営む料理人・柴山幸太は、デザートに力を入れようとスイーツの研究に励む。<スイーツ・グランプリ>県代表の「テル・カキタ」に家族で食べに行ったところ、息子・陽太に異変が。店には、以前も食中毒を起こしたというパティシエがいて……。意外な犯人と動機に、グルメ界のホームズが迫ります。
http://www.amazon.co.jp/%E8%9C%9C%E8%9C%82%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%...



「パンプルムース氏のおすすめ料理」マイケル・ボンド
グルメ・ガイドブックの覆面調査員パンプルムース氏は、元パリ警視庁刑事。味にうるさい愛犬ポムフリットは、元警察犬。とあるホテル・レストランの味をチェックに訪れた珍コンビに出された皿には首が! 命と貞操まで狙われながらパ氏が挑む怪事件。『くまのパディントン』の作者が、大人たちに贈る超傑作グルメ・ミステリ!
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%...

kri********さん

2012/9/110:03:59

「小市民」シリーズのように、お菓子がたくさん出てくるミステリーでしたら、
■上田早夕里
・『ラ・パティスリー』
・『ショコラティエの勲章』

■近藤史恵
●「ビストロ“パ・マル”」シリーズ
・『タルト・タタンの夢』
・『ヴァン・ショーをあなたに』

■桜庭一樹
・『GOSICK』シリーズ

■坂木司
・『和菓子のアン』

お菓子以外に美味しそうな料理が登場するミステリーでは、
■坂木司
●「ひきこもり探偵」シリーズ
1.『青空の卵』
2.『子羊の巣』
3.『動物園の鳥』

■芦原すなお
・『ミミズクとオリーブ』

異色なメニューがポイントとなっており、『特別料理』と少し関連のあるもので、
■米澤穂信
・「羊たちの祝宴」―『儚い羊たちの祝宴』収録

など、いかがでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる