ここから本文です

犯罪者が刑務所に入っている間年金等は支給されているのでしょうか? 支給される...

アバター

ID非公開さん

2012/9/923:15:11

犯罪者が刑務所に入っている間年金等は支給されているのでしょうか?
支給される場合そのお金はどの様に管理されているのでしょうか?
刑務所でのこと教えてください。

数年前に犯罪被害者の家族になりました。年に一度被告の近況記録が届きます
今の場所、作業内容、態度等書かれています。
届いた時に色々と考えてしまい、又先日被告の家族を見かけてしまい、余計に考えてしまいました。
高齢で無期なので出てくることはないと思うのですが、ずっと生活が保証されていると思うと何とも言えない気持ちです。命を奪われた者とその家族、奪った者とその家族、こうも理不尽でよいのかと思ってしまいます。
知った所でどうにもならないのですが、知りたいのです。
教えてください

補足裁判の時に被告の弁護人が、これからは年金をためて少しでも賠償したい気持ちがある等言っていました。実際には賠償なんてしてもらってませんが。今は作業をしているそうですがもう70歳近くなっているので作業等せずに税金で過ごすのかなと考えたり、毎年9月に近況が届くたびに憎しみと共にやりきれない思いです。

閲覧数:
31,864
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/9/1004:11:51

年金は刑務所に入っていても支給されます。
それを理由として支給が停止されることはありません。

ただ、どのように管理されるかは人によりますので何とも言えません。
本人が受け取りに行けるわけではありませんので、振込先の口座を家族が管理するとか、そういう方法になるかと思います。


今は無期懲役刑では仮出所自体が非常に難しくなっています。
無期懲役刑の受刑者は現在約1800人いますけど、仮出所が認められるのは年間数名程度です。

有期刑の最高が30年になったこともあって服役期間が年々長くなる傾向にあります。
今は概ね30年程度経過しないと仮釈放の審査自体が行われません。

尚、平成22年に仮出所した無期懲役刑の受刑者は7名で、平均服役年数は約35年です。

また、死刑相当の凶悪犯などに関しては、検察庁通達の「マル特無期」に指定されます。
マル特無期に指定されてしまったら仮出所はもはや絶望で、これが「事実上の絶対的終身刑」と言われています。

ですから、その人の場合は仮出所の可能性はゼロだと思って間違いありません。

ちなみに刑務作業には年齢制限はありませんので、健康上の問題がない限りやらなければなりません。
ただ70歳近い受刑者なら、もう机の前に座って手元で行う軽微な作業しかしてません。
(刑務所では「もた工」などと呼ばれます)

健康上の問題で作業が出来なくなったら病棟で過ごすことになります。


確かに「自由がない」とは言え、中では最低限の生活(衣・食・住)は保障されます。
納得いかないのは当然だと思います。

しかし、法治国家においてはこれがあるべき姿だと思います。
「目には目を・・・」などというのが正しいとは思えません。

刑罰は、被害者の処罰感情や復讐心を満たすために存在するものではありません。
また、犯人を殺したところで亡くなった方は戻って来ませんし、気持ちがすっきりするわけでもありません。


裁判で「賠償したい・・・」というのは、情状面で刑を軽くする作戦だと思います。
弁護人は被告人の意向に沿った弁護をするのが仕事ですから、被告人本人が弁護人にそういう話をしたのだと思います。

ただ、判決前なら情状面で有利になりますけど、刑確定後に賠償金を支払っても判決は変わりませんので、それ以降賠償金が支払われるケースは少ないです。


infinity_break1116さん

憶測で意味不明な回答をしないで下さい。
”支給されない”というのなら根拠を示して下さい。

アバター

質問した人からのコメント

2012/9/11 22:54:23

腑に落ちない事だらけですが、現実はこうなんですね。被害者に代わって法が裁いてくれないと、被害者家族が仕返ししたくなりますよね。一刻も早くこの世から消えてくれることを願うしかないのですね。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

inf********さん

2012/9/923:41:12

基本的には、受刑者は国民の意味を失くします。
例えば、選挙権はありません。
税金を納めることもありません。
ですので、ここからは私の推測ですが、たぶん、年金の受給は無いでしょう。
ちなみに、予断ではありますが、受刑者の半数以上は刑に対して不満を抱いています。
そしてなにより多くの受刑者は反省などしていません。
(一部を除きますが…)
監獄法が制定され、確かに自由は奪われます。
ですが、今では民間刑務所という施設もでき、そこでは刑務所とは言えないような待遇で生活をしています。
ですから、刑務所に入ったからといって=懲らしめているにはならないのです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる