ここから本文です

長文です。 尖閣について。 この度日本が国有化するにあたり、中国は断固反対、...

galant_vvrさん

2012/9/1015:06:43

長文です。
尖閣について。
この度日本が国有化するにあたり、中国は断固反対、違憲で無効と言っている様ですが、、、
元々地権者は日本人で、要は私有地(日本領)を国有化する!
と言い出

した日本に対し、今更、国有化反対!とは非常に違和感を感じます。

中国領だから国有化は出来ませんよ!
と言うならわかりますが、反対って?

私有地なら中国領と言いやすいが、国有化すると言いづらくなるという理屈ですか?

私有地→中国領だ!と言い
国有化→沢山お金を払って国が買っちゃったら、手も足も出ないから勘弁して!
って事ですよね?

また、今更言い出すという事は、日本が主張していた尖閣は、実は私有地だったという事実を知らなかった知識の無い官僚が、今までの言動を正すための発言としか思えないのですが。。。

そこで、中国の尖閣に対する主張と今回の発言について、一体日本に何が言いたいのか、詳しい方から伝授して頂ければと思います。
マスコミもこの件に関して、あまり詳しくやらないですよね?

閲覧数:
133
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

skyskareipaさん

2012/9/1015:54:07

中国は共産社会だからそもそも土地を所有する概念がなく従って売買する対象ではない。

(中国の領土である)尖閣を日本国が買い取り国有化した事実は中国にとってありえない(違法で無効)ということになるでしょう。

質問した人からのコメント

2012/9/10 23:59:40

成功 まさに、そういう事ですね!

中国は共産圏で私有地という概念が無いのでしょう!
今更ながら国有化反対っておかしいと思っておりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/9/1016:36:11

中国・台湾が公式に尖閣諸島は自国の物だと言い出したのは1970年代に入ってからです。
1968年の海底調査で尖閣諸島付近にイラクの埋蔵量に匹敵する程の石油が眠っていると判明して以来、尖閣諸島は我々のものだと主張しています。
1970年以前の地図や公文書によると両国とも日本国領と認識しており、また米国の施政時代にも米国統治へ抗議したことはないため、中国と台湾が尖閣諸島の領有権を主張し始めた動機として 海底油田の可能性が高いと言われています。
そのため、国際判例上、以前に黙認によって許容した関係に反する主張は、後になって許されないとする禁反言が成立する可能性も指摘されているようです。

私有地・国有地云々というよりも、そういう取引が成立してしまうと尖閣諸島が中国共産党の支配の及ばぬ地域=政府が国土を守らないと怒りの矛先が共産党政府に向いてしまう為、国有化を阻止したいっという事情があるのだと思います。(今年か来年に中国共産党指導部の交代があるので政情不安を抑える為のガス抜きとも考えられます)
違憲で無効だとするのであれば、尖閣諸島が自国領土だという証拠を揃え国際司法裁判所に提訴するべきだと思うのですがね。
中国・台湾両政府は尖閣諸島が自国領土ではないと本当は認識しつつ、国民の支持を得る為と国内の不満を日本へ向けさせる為に言っているのではないでしょうか?
後は土地はそっちに譲るけど、(本来権利の無い)海底資源や水産資源は分け前を寄越せと言いたいのかもしれません。

yapiisabuさん

2012/9/1015:38:08

中国が、口出しすべき問題では有りません・・・・・

元々、日本の領土内での借地権売買を行うと言う事に干渉する事自体が「違法行為・内政干渉」に当たりますが、尖閣諸島が自国領の様に干渉しているからですね。

まったく、歴史的にも中国領には成った事も無く、「言い掛かり」で有る事は明白な事実です・・・・・

「無視」すれば良いのです~ 「大きなお世話」と言えば良いのです。 (大笑)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。