ここから本文です

アルトワークスie(平成8年式・HA11S・F6A)のファンベルト交換作業方法について質...

zir********さん

2012/9/2023:27:26

アルトワークスie(平成8年式・HA11S・F6A)のファンベルト交換作業方法について質問します。
交換してる際、エアコンプレッサーの下部ボルト(2本)の内、車正面から見て左側の12ミリのボルトが クーラーの配管や下部フレームが邪魔してスペースが狭く どうしても緩める事が出来ません。右側のボルトはスペースがあり緩めれましたが …。
一応、左側のボルトには メガネが噛ませる事はできる(スペースが狭く多少斜めにかかる)のですが そのままメガネを緩める方向に回すスペースが全くありません。
ショートのメガネやスパナ、コンビネーションを使ってみましたが無理でした。
この型のワークスのベルト交換は何か特殊工具が必要なのでしょうか?
それともコツがあったり、そこの片側ボルトを緩めなくても、何とかベルトを外せたりするのでしょうか?
因みにコンプレッサーの上部調整ボルトと下部右側のボルト緩めただけではベルトが緩む気配が全くありません(^_^;

どうか、同型ワークスのメンテに詳しい方や、お手の物って方、アドバイスを宜しくお願い致します。m(__)m

補足一応、バンバーやエアクリなど邪魔な物は全て外して作業してみたのですが無理でした。
他メーカー車種のベルト交換は、何度かした事あるんですが意外にすんなり出来ましたが、旧規格ワークスの様に配管が邪魔してたり、スペースの無さは初めてだったので質問させてもらいました。
効率良く、ワークスのベルト交換を作業するには、特殊工具が必要だったり、難易度が他の車種より高いのですね(^_^;

閲覧数:
1,759
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kir********さん

2012/9/2110:41:14

ふつうF6Aのコンプレッサーであればバンパーを外してコンプレッサーの前方向と下方向との2方向のどちらからか作業ができるはずです

その際バンパーを外したときに見える幅5センチ程度の金属製の帯も同時に外すといいですよ
左右に結構長い帯でヘッドランプの下部あたりからボルト数個で止められています

難易度が高いのはオルタネーターベルトを張るときのほうではないですか?
こちらは特殊工具がいろいろ出ています

質問した人からのコメント

2012/9/22 01:13:58

成功
詳しい ご説明ありがとうございましたm(__)m
金属の帯というのが どれを指してるのか もう一度 バンバー外して実際に確認して やってみようと思います。
それにしてもワークスがこれ程、作業性が悪いとは思いませんでした(汗)

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mak********さん

2012/9/2112:49:51

工具はそのうち見つかるでしょうが、
そのコンプ下部前側ボルトよくコンプの材質アルミの錆びで。ボルトとアルミが同化して、緩まないで折れて、折れたボルトが取れないことがただあります。めいっぱいいかないで手加減しましょう。

lev********さん

2012/9/2101:03:32

軽自動車で横置きエンジンのベルト類を交換するときには、スペースの

問題はよく出てきますね。

私はS字レンチで対応しますね。メガネやコンビはまっすぐなので回すスペース

がない所でも、S字レンチなら何とかなりますし。

ego********さん

2012/9/2023:46:49

特殊工具もあるしやり方も有るけど説明は難しい。
分からない人はバンパーを外すのが一番。
バンパーが無ければすごく簡単。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる