ここから本文です

不飽和脂肪酸の酸化(自動酸化)は、二重結合付近で起こりやすいと耳にしました。 ...

abc********さん

2012/9/2917:52:51

不飽和脂肪酸の酸化(自動酸化)は、二重結合付近で起こりやすいと耳にしました。

なので、二重結合の数が多いほど水素が多く引き抜かれ、酸化しやすくなり、酸化速度も速くなるのですか?

また、どうして二重結合付近だと酸化が起こりやすいのですか?

お願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
2,140
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kor********さん

編集あり2012/10/702:04:07

酸化に限らず、不飽和結合は結合している原子の数に余裕があるため、反応性が高くなります。(炭素は腕が四本。四つの原子とつながれる。それよりも少ないとつながる方向に反応が進みやすくなる。ただし例外あり=芳香性)
油の酸化について詳しくはこちらをどうぞ。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%B3%AA%E9%81%8E%E9%85%B8%E5%8C%96%E5%8F%8D%E5%BF%9C

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる