ここから本文です

タミヤTT-01D TYPE E ドリフトスペックを購入し遊んでいますが、後1つシャーシが欲...

JB1さん

2012/9/3017:57:15

タミヤTT-01D TYPE E ドリフトスペックを購入し遊んでいますが、後1つシャーシが欲しくシャーシのみの購入を思案しています。

今使っているプロポ(BLAZERⅡ TX-232)をそのまま使いたいのですが、2台目のシャーシに搭載するステアリングサーボ・受信機・ESCは、今走らせているのと同じでなければ動か(走ら)ないのでしょうか?
後、もしこのプロポ(BLAZERⅡ TX-232)を使い、機能アップ(中級編辺り)出来るのであれば、このプロポに合うステアリングサーボ・受信機・ESCを教えてください。
1台目に搭載しているのは、ステアリングサーボ(AIRTRONICS 94102)・受信機(AIRTRONICS 92727)・ESC(OPTION NO1 INFINITY Racer)です。
宜しくお願いします。

閲覧数:
1,167
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uru********さん

2012/9/3023:06:31

まず1つめタミヤTT-01D TYPE E ドリフトスペックを購入し遊んでいますが、後1つシャーシが欲しくシャーシのみの購入を思案しています。と書いてあるのでおススメを紹介します。
3レーシングsakuraD3CSスポーツ1/10ドリフトカーという、商品です値段は1万円前後です。最初からケツカキの200%に近いそうです。
ota-r31です。
これは、王道と言いましょうか?この価格でここまでいっていればかなりいいかと思います。
ケツカキにしたい場合はオプションを買ってください。
2つ目今使っているプロポ(BLAZERⅡ TX-232)をそのまま使いたいのですが、2台目のシャーシに搭載するステアリングサーボ・受信機・ESCは、今走らせているのと同じでなければ動か(走ら)ないのでしょうか?
受信機以外は変えられます。受信機をかえなければおK
3つ目は、後、もしこのプロポ(BLAZERⅡ TX-232)を使い、機能アップ(中級編辺り)出来るのであれば、このプロポに合うステアリングサーボ・受信機・ESCを教えてください。
いっその事買い換えましょうmx-vという2.4gの安いのがあります。おすすめです。
結果
1、 3レーシングsakuraD3CSスポーツ1/10ドリフトカー一万前後(3レーシング)かOTA-R31 2万5千円くらいです。(ストジャム)がおすすめ
2、 受信機以外なら大丈夫2.4gに気おつけよう!
3、 MX-Vですお勧めだよメーカーサンワ
教えが下手ですがww
ご参考までに。w

質問した人からのコメント

2012/10/7 22:05:35

降参 丁寧な回答有難うございます、一度プロポを新たに購入する方向で検討してみます。
他のお二方も解りやすい、丁寧な回答有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

may********さん

2012/10/101:22:23

まず一応の解説はしたいと思いますが、私としてこれをお勧めしている訳ではありませんので、一応そのつもりで読んでください。

最初に考えなくてはならないのが送信機と受信機の関係です。
この2つの機器の間は電波で接続されますが、基本的にはその方法をあわせる必要があります。
具体的に三和電子のブレイザーIIは27MHzのAM方式だったと記憶しています(一応正しいかは確認してください)が、この規格を満たしている受信機は使用できると言えます。
ただ、規格は満たしたとしても相性なのか意図的なのかは解りかねますが、メーカーが異なったりすると稀に動作しない例がある様ですので、その手のリスクを背負いたくないのであればメーカは合わせた方が無難です。
今回は関係ないと言えるかもしれませんが、2.4GHzを使用する機器において送受信機のメーカーを揃えずに使用することはほとんど例外的と言って良いほど少ない事例しかないと言う認識です。

次にサーボですが、ハイレスポンスモードを使用する様な環境ではメーカーはそろえた方が良いのですが、ブレイザーIIには該当する機能がありません。
使って試したわけではありませんが、一部の相性を除けば使用できるのではないかと思われます。

E.S.C.は多分問題となることは少ないと思いますが、こちらも一部で相性の様なものがあるみたいですから絶対とは言えません。

一応解説してきましたが、(規格上の一致は保たれていると言う前提で)機種はともかくとしてメーカーくらいは合わせておいた方が安心と言う事と、E.S.C.は受信機との接続と言う意味では比較的問題の少ない機器ですので、あまり深刻に考える必要は無い後思います。


ここからは質問とは本来関係ない内容ですので無理に読む必要はありませんが、一応あなたの立場で考えてみた内容ですので参考になれば幸いです。

実際ブレイザーIIには無い機能だったと思いましたが当時のミドルクラス以上の機器にはモデルメモリーとか言う機能がありました。
これは車ごとの設定情報を記録しておき、必要に応じて切り替える事によりその車ごとの設定に変更する機能です。

あなたが最初に車を作って走らせた時まっすぐ走らなかったと思います。
そしてまっすぐ走らせるためにトリムの調整をしたと思うのですがいかがでしょうか?
また、しっかり設定してあるとすればEPAにて左右の切れ角の均一化なんかもやってあるかも知れません。
当然ですがそれらは車に対しての現物合わせです。
1つの送信機で複数の車を使用すると言う事はその設定を車ごとにやり直すと言う事です。

多分簡単にはできないと思います。
で、それに簡単に対応するのが先に書いたモデルメモリー機能です。
これの無い送信機で複数の車を使用する事は事実上無理と考えた方が自然な上、現在ではuru1999ppo319さんの上げたMX-Vなんかはローエンドでありながらモデルメモリー機能を搭載していたように記憶しています。

複数の車を使用すると言う意味でもバンド管理と言う意味でも最近の機器に変更した方が良いように思います。

編集あり2012/10/101:00:41

TX232はAMですよね?サーボ、ESC、AM受信機その他をバラで揃えるのであれば2.4Gのミドルクラスのプロポセットにしたほうがいいでしょう。機能UP自体はプロポ側にある物でサーボやESCだけ中級にしたところで無意味に近い。予算的にも割高になりやすいですね。

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる