ここから本文です

台風のとき、でてくるヘストパスカルと、前に言われてたミリバールとは、どう違う...

reo********さん

2012/10/220:05:22

台風のとき、でてくるヘストパスカルと、前に言われてたミリバールとは、どう違うのですか?教えてください。

閲覧数:
523
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mea********さん

2012/10/316:17:56

ミリバールとヘクトパスカルは、値は同じです。
ただし両者の定義は違います。

「1バール」の定義は、「1000000dyn(ダイン)の力が、1平方cmにかかる時の圧力」となっています。
これの1000分の1が「1ミリバール」です。
「1パスカル」の定義は、「1N(ニュートン)の力が、1平方mにかかる時の圧力」となっています。
これの100倍が「1ヘクトパスカル」です。

どちらも同じ圧力を表す単位で、日本ではかつては「ミリバール」が使用されていました。
ミリバールを慣習的に使用していたのは、標準気圧である「1気圧」は「1バール」とほとんど等しく、使用しやすかったからだと言われています。

しかし、法改正によって日本国内でも物理量の単位には国際単位系(SI)を使用することになりました。
そのため、国際単位系ではないミリバールの使用を辞め、ヘクトパスカルへ変更され、現在に至ります。

質問した人からのコメント

2012/10/8 07:57:54

よくわかりました、ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

iha********さん

2012/10/307:33:35

別に台風の時だけ出てくる訳じゃないがね。
どちらも圧力の単位の一つで、気象を扱うときはこれらを用いる。
天気図に示す大気圧はこれらの単位を使っている。
台風も気象現象であるからヘクトパスカルやミリバールを用いるというだけ。

意味が同じというのは誤謬があるのではないか。
1ヘクトパスカルと1ミリバールのが同じ大きさの圧力である、と言った方がよいと考える。

yad********さん

編集あり2012/10/309:40:09

ヘクトパスカルは気圧を表す単位です。
以前日本ではミリパール(mb)を使っていましたが、
1992年12月1日から国際単位系のヘクトパスカル(hPa)に変わりました。
ヘクトパスカルはミリバールと同じで、表示だけが変わっただけです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる