ここから本文です

新しいチューブレスタイヤのパンク。穴が接地面ですと、修理できるが、タイヤの側...

a2s********さん

2012/10/621:27:51

新しいチューブレスタイヤのパンク。穴が接地面ですと、修理できるが、タイヤの側面ですと、交換しかないの理由を知りたいです。
側面でも修理できませんかね。

閲覧数:
663
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gri********さん

2012/10/707:39:30

タイヤの断面図を見ると理解しやすいですが、タイヤの接地するトレッド部は何層もカーカス(ナイロンやポリの糸をゴム引きしたゴム布)のほかにスチールベルトなどの補強層がありますが、タイヤ側面はここが動いて、ショックなどの吸収しますので、骨格はカーカスだけになっていますし、ゴム層もとてもうすいです。

よってこの部分のパンク修理はできないことになっています

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gom********さん

2012/10/706:23:55

構造上、側面は修理できません(パッチを貼って空気漏れを防ぐ事は出来ても強度が得られない)。なのであきらめるしかありません。

ちなみに、トレッド面(接地する面)は修理できると言っても、やはり空気漏れを防いでいるだけです。パンクによってブレーカーコードに開いた穴はそのままなんです。つまり、強度はパンク前よりも落ちています。ただ、構造上強度に余裕があるため一応は修理が可能として扱っています。一つのタイヤでパンク二ヶ所目の場合は、一ヶ所目と近い位置ならば修理不能(要交換)というのが常識になっているのはそのためです。

chi********さん

2012/10/622:18:32

タイヤを外して、内側からゴムパッチを充てるやり方なら補修はできます。
傷の形状とかにもよります。最悪裂けるからね。
タイヤ屋ならやれるかもしれませんが、断られるかもしれません。
無保証でいいならやってあげるけど・・・。

yot********さん

2012/10/622:08:24

接地面の中にはワイヤーが入っており、空いた穴に修理材を入れた際ガッチリと固定されてエア漏れが起きにくいのですが、側面は薄いゴムのみなので修理材を入れてもしっかり固定されないので、エア漏れの可能性が高いので、基本修理はお勧めしません。

gem********さん

2012/10/621:55:13

修理できなくはないですが、側面はとても肉厚が薄く且つ走行中のたわみや荷重が掛かった時の変形が大きいので、修理をしてもはがれたりする場合があるので一般的には行っていないのが現状です。

チューブタイプのタイヤとか大型トラックなどは側面修理をする場合がありますが特殊作業なので1か所5千円位掛かります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる