ここから本文です

永仁の徳政令 【本条】という言葉について

nya********さん

2012/10/623:28:23

永仁の徳政令 【本条】という言葉について

永仁の徳政令の資料問題でよく出てくる部分に、【…本条を守り、…】と書いてある部分があると思います。
確か武士が売った(質に入れた?)土地で二十年たってないものは返しなさいよ、みたいな部分です。

そこに出てくる【本条】って、私は永仁の徳政令のことだと思っていたのですが授業のプリントには御成敗式目のことだと書かれていて混乱しています。

御成敗式目の中に永仁の徳政令があって、だからここの【本条】は御成敗式目である、ということでいいんでしょうか?

閲覧数:
1,165
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xxx********さん

2012/10/700:42:38

「一文(ひとふみ)に書いた御成敗式目」1232年ですよね。
一方、永仁の徳政令は「皮肉な永仁徳政令」で1297年。


質問者さまがおっしゃっている部分は、
一 質流れや売買地について,これについて地頭・御家人が買いとった土地は,貞永式目の規定を守り,売却後20年以上経ったものは元の所有者(売主)は取りもどすことはできない。しかし非御家人や借上などが買いとった土地については,経過年数に関係なく,売主が取りもどすことができる。
…という法令ですね。

この貞永式目が御成敗式目のことです。
これ↑をプリントでクローズアップしているわけです。

「貞永式目=御成敗式目=本条では20年経ったらって言ったけど、でも持ち主が御家人じゃないなら」と御家人を守っているのです。


説明が下手すぎるかな。。。。
通じますか(´・_・`)?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる