ここから本文です

「建築の設計を業として行う」について質問です。

tkr********さん

2012/10/1013:13:22

「建築の設計を業として行う」について質問です。

建築士法の第23条に、建築士が他人の求めに応じて「報酬を得て」、建築の設計や監理などを「業」として行う時には、
事務所を定めて県知事の登録を受けなければならない。とあります。

このことについて質問ですが、
例えば建築士が社員として設計事務所に勤めながら、友達に頼まれて住宅の設計を行うとした場合、
事務所を通さずにあくまで個人的に設計・監理することは出来るのでしょうか?

報酬を得なければ問題ないのでしょうか?
またい僅かでも報酬を得たら?

また「業」として行うということは、それを生業(なりわい)として仕事をするとも取れますが、
あくまで個人的に設計・監理することは「業」に当たるのでしょうか?

事務所を通して、事務所の業務として設計・監理すれば何ら問題ないと思うのですが。

条件をつけ加えると、確認申請は不要な住宅の改修などで、
事務所の名前を借りるようなことはしない場合に限って質問させて下さい。

宜しくお願い致します。

補足takekneeさん、確かにおっしゃる通りです。

今回考えている物件は、木造2階建(建基法 第6条1項4号にあたる)で
壁・屋根をそっくり修繕するのです。=大規模の修繕になる。
修繕に係る部分は100㎡超なので、
資格的には木造建築士以上が求められます。

建築士法 第3条の3、1項・2項

この場合はいかがでしょうか?

閲覧数:
1,069
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

x34********さん

2012/10/1014:16:00

事務所を通さずにあくまで個人的に設計・監理することは出来るのでしょうか?
>>設計は自宅でするとか休日に行う、などで可能でしょうが、監理は現場へ行かなければならないので
事務所の業務時間中に抜けて???
そうなると、給与が減額。
なので、監理業務は不可能。


報酬を得なければ問題ないのでしょうか?
またい僅かでも報酬を得たら?
>>お礼の呑み代くらいはOK.

「業」として行うということは
>>不特定多数(他人)を対象に職業として行うことを「業」と言いますので
年1棟の住宅程度、親戚知人の設計を行うことはOKです。

確認申請不要なら
そもそも、なんの問題もなし。

質問した人からのコメント

2012/10/10 21:03:43

回答を頂いてから改めて調べてみると、
「業として行う」とは、「不特定多数の人を相手に継続、反復して行為を行う」こと
を指す。と言うことが分かりました。
宅建業のHPにそんなことが書いてありました。
今回は不特定多数の人が相手でも無いですし、
継続、反復して行う訳でもでもありませんので、「業」ではないと分かりました。

答えにたどり着くのに役に立ったx34kkgo8さんの回答をBAにさせて頂きます。
有難う御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tak********さん

2012/10/1013:22:29

条件の範囲内でしたら建築士の資格要件はいらないので、事務所うんぬんも要らない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる