ここから本文です

C型、B型肝炎訴訟のことで質問させていただきます、関連ネットを見ると弁護団か...

kan********さん

2012/10/1208:46:05

C型、B型肝炎訴訟のことで質問させていただきます、関連ネットを見ると弁護団から①提訴~②証拠書類提出~③国からの回答待ち(追加証拠提出)~④和解、とのステップになっていますが、③の段階で国が原告の

主張を認めなかった場合、慢性肝炎ならキャリア落ちもしくは時限立法時で裁判所の判断となり敗訴の可能性も生ずるのでしょうか。御教授宜しくお願いいたします。

補足御回答ありがとうございます、説明不備ですいません。
慢性肝炎ならキャリア落ち=提訴内容が”慢性肝炎”として申請したのに国側の解釈で”キャリア”として上申された場合です。
もしくは時限立法時で裁判所の判断=時間切れの案件での決着方法の事でした、これは御回答頂いた”裁判所”裁定でよいですね?

閲覧数:
1,358
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fat********さん

編集あり2012/10/1311:09:10

>③の段階で国が原告の主張を認めなかった場合、
原告の主張(=肝炎に感染したのは国の責任)が認められない場合は
原告と主張と国の主張に食い違いが有る訳でしょ、この場合は裁判所が判断します。
ってか、その為の裁判です。

原告は肝炎に感染したのは国の責任だから損害賠償しろ。
被告は肝炎に感染に国の責任は存在しないから損害賠償出来ない。
この2つの主張になる訳でしょ。

双方に利害関係のない第三者(=裁判所)の客観的な判断を必要とするのです。

証拠書類があなたに有利なら勝訴。
証拠書類があなたに不利なら負訴。



>慢性肝炎ならキャリア落ち
>もしくは時限立法時で裁判所の判断となり

すみません、あなたの言いたい事が理解出来ないです
この2つはどう言う意味ですか??

補足に
症状を国が変えることは 無いです。
現在の症状を決めるのは「医師資格」のある人間です。
提訴時に症状は確定しています。

時間切れ何てないです、期間内に提訴すれば決着がつくまで裁判をやります

質問した人からのコメント

2012/10/13 13:30:44

降参 御回答ありがとうございました、良く理解できました、また分からないことあれば教えてください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

「テレビ録画」にまつわる困ったエピソード

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる