ここから本文です

漢字以前に日本には”オシテ文字”というのがあったというのは本当ですか?古事記も...

ara********さん

2012/10/1807:41:35

漢字以前に日本には”オシテ文字”というのがあったというのは本当ですか?古事記もそれから来たという事ですが・・・。

補足嘘だったのか―・・・。本当だったら面白いのにねー。

まさか、弥生時代に文字があったとは聞いてないねー。

閲覧数:
2,023
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sca********さん

2012/10/1814:53:36

うそです。
「神代文字」と呼ばれるものは、すべて江戸時代の創作にすぎず、それらの文字が使われた痕跡は、古代の出土品からいっさい確認されていません。

江戸時代の学問は、漢学と国学に大別されます。漢学は文字通り中国の古典、とくに儒教を中心に研究する学問です。いっぽう、国学は古事記、万葉集、古今集など日本の古典を研究する学問でした。
もともとは日本の古典の文法などを研究していたのですが、やがて国学は文献解釈から離れ、「日本人の精神性」といったものに言及するようになり、じょじょにイデオロギー色を帯びるようになります。

国学者たちは、ようするに「日本サイコー! 日本人スゴイ!」という主張をしたかったのですが、じっさいには日本で使われている文字はもともと中国からの借り物だし、日本人の信仰はインドの仏教が中心だしで、日本オリジナルのものがあまりないわけです。
これは国学者たちにとって都合の悪い事実でした。そこで、程度の低い国学者たちが「じつは漢字輸入以前から、日本には文字があった!」と主張するために、神代文字というものを捏造したのです。

国学は文献学や文法学ではひじょうに多くの成果をあげ、現在の国文学もその学恩にあずかるところ大なのですが、こうしたイデオロギー色を帯びたバカな国学者たちによって、国学そのものの評価も落ちてしまったのです。
歴史を直視せず、じぶんに都合のいいような事実を捏造するその姿勢は、現在の韓国人や中国人によく似ているといえます。

この程度の低い国学イデオロギーの正当な後継者が、明治になってから神仏分離令を発したり、靖国神社を作ったりして、このイデオロギーはやがて太平洋戦争へと向かい、日本を破滅に導きました。
現在のネトウヨたちも、神代文字を捏造したバカ国学者たちの末裔といえるかもしれませんね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aim********さん

編集あり2012/10/1908:20:44

うそ事といってしまえば極く簡単にゴミ箱に入りますね。
そうかどうか判りませんが、遍歴や山岳遍歴の人の間には結び文字とか縄文字とかがあったと聞いています。
確かにそういう研究をしたという研究書を現役時代に遭遇しました。、
あまり関心がなかったので素通りしましたが、それほど“うそ事”のものでもなさそうでした。
まぁ、歴史学をオーソドックスな科学だとする人の間では、とても承認できないことが多々あります。
細長い瑪瑙を管にする技術などは古代にはありえないとか。しかし現実に古代にそういう品物があるのです。
黒曜石がそんなところにあるはずがないとか。しかしそういう交流があったんですね。
否定する事は簡単です、そして明快です。そしてまたそのように否定されるまがい物も確かに多い。しかしそれですまないものもあります。

編集:結び文字とか縄文字に文字という語を使っている著作でした。紙に筆記用具で記していく記号などのみを文字というならば、これは所謂る文字の部類に入るかどうかは疑問ですね。そのことはよく理解しております。
しかし所謂るヲシテ文字などを偽作という論説は素人の私には否定は出来ませんが、神道などの信仰生成の前後には文字というべきものが合ったと存じます。
確かに神道は教義を伝える必要はなかったのですが。

oni********さん

2012/10/1813:45:48

有りました。例えば下記にもそれが図解されています------
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B2%E3%82%B7%E3%83%86

漢字以前には甲骨文字などがあり、漢字は日本の神代文字や甲骨文字を
複雑に組み合わせて発展させたものに過ぎません。

ですから漢字だけ如何に研究しても、元の意味が分からず隘路に嵌って矛盾した解釈になっています。
その点でも、より古代の文字を知って、正しい認識が得られるようにして下さい。

象形文字よりも指事文字のほうが古くからあって、天文観測や祭りのために使われてきました。
いわゆる神との交流が文字の目的でした。

所が時代が下るにつれて、人間の管理と他人の支配のための道具として
文字がつかわれ始めました。要するに「要求と命令」の道具にした。

それほど人間社会の精神性が進化ではなく、逆に劣化した事になります。
因みにホツマの場合は、当時の方位と天文の様子と祭事の実態をリアルに図示した

フトマニをヲシデで残しています。のみならず素晴らしい和歌により、
当時までの歴史と日本文化を色々と綴っています。

無論、神代・縄文時代からの大和言葉によって華麗で理知的な文学・哲学を伝えたものです。
無論、古事記や日本書紀などの編纂時はそれを知っていました。

だから「ホツマツタヘ」に記述されている事を記紀が省いて、それ以外の帝紀などを底本に
記紀として書き残した訳です。

mar********さん

2012/10/1809:53:56

秀真文字のことですね。
その他にも阿比留文字や豊国文字など、漢字伝来以前から存在していると言われる文字がありますが、いずれも古代日本語を反映しておらず後世の偽作であると言われています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる