ここから本文です

宅建試験終了・・・・

kzn********さん

2012/10/2122:14:18

宅建試験終了・・・・

ということで、すでに本日宅建の試験自体は終了しました。
が、勉強していて分からない部分は 「根抵当権」でした。

コレは、説明を聞いても、自分で調べてもちんぷんかんぷんでした。

どなたか、スッキリと理解できる解説をお願いします。

ちなみに今回の試験に、「根抵当」に関する問題は出ませんでした。

閲覧数:
270
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

f24********さん

2012/10/2122:34:10

ある程度勉強されているという前提で、
要は、頻繁にお金の貸し借りがある間柄(商売での銀行からの融資を想定してみてください。たまに大きな設備投資やるくらいならそれほどでもないとは思いますが)で、その都度抵当権を設定していたのでは抵当権の数ばかり増えて手間も煩雑ですので、1つの抵当権で複数の債権を担保させよう。というのが根抵当。←これでどうでしょう。

ただ、1つの権利で複数債権を担保させようという分、保護される利息の範囲とかいろいろ規定も出てきてややこしい。といったところではないでしょうか。

質問した人からのコメント

2012/10/24 20:32:31

成功 丁寧な解説ありがとうございます。
なるほど!と納得してしまいました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2012/10/2208:19:04

「根抵当」とは、カードローンと同じ仕組みです。借入限度額が100万円で、今現在は50万借りてる時は、あと50万借りれますね。
その仕組みを根抵当と言います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる