ここから本文です

単独でロープワークってどうするのですか?クライミングはしませんが、難路通過時...

iso********さん

2012/10/2221:01:26

単独でロープワークってどうするのですか?クライミングはしませんが、難路通過時など安全確保に複数グループなら先行者と最後尾追従者が設置と回収を行います。しかし、単独ではルパン三世でもない限り、遥か対岸の

固定源にシューッと投げ、錨部分がクルクルっと巻き付いてピーンと張られ、伝って渡ればスルスルと回収、なんて実際は無理です。おなじみの前後引率者の設、収は別として、降下時に逆U字に掛けてお尻を結び、下りた後お尻を解いて片方を引き下ろして回収する程度しかないのでしょうか。無知ですが宜しくお願い致します。

閲覧数:
20,692
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

won********さん

2012/10/2222:03:39

質問者さんのおっしゃる通り、下る場合は木などの支点にロープをかけ末端をしばり、ロープをダブルにしてエイト環などの下る道具(ディセンダー)を使って伝っておりて、下に降りたら末端をほどき回収します。
登りやトラバースの場合は、Z法(もしくはN法)という方法があります。
①出発地点で支点にロープの末端を固定します。
②アッセンダーという登るための滑り止めの道具を使い、自分の体にハーネスなどでとりつけます。ロープはザックの中に入れ、少しずつ繰り出せるようにしておきます。
③ロープを繰り出しながら進み、途中に木やカラビナなどで支点を作り、トラバースの場合はロープを固定し、登りの場合はかけていきます。途中で落ちた場合、支点からロープを繰り出した分の落下ですみます。
④目標地点まで来たらそこで支点を作って末端を固定します。
⑤最初の出発点まで戻ります。トラバースの場合はアッセンダーでロープを伝っていきます。途中で落ちても、ロープが固定されているので、たるみ分の落下ですみます。下降の場合はディセンダーでロープを伝って下ります。通常は落ちても落下していかないよう、プルージック結びとかシャントなどの道具で落下防止用の工夫をします。
⑥出発点の支点をほどき、アッセンダーとロープで確保しながら、途中の支点を回収しながら、再び目標地点まで行きます。トラバースの場合、途中で落ちても、落下距離は次の支点までの長さですみます。登りの場合はロープのたるみ分の落下ですみます。

結論としては、NやZと同じ書き順で1往復半するということです。
とても面倒ですが、ロープで確実に確保されることで格段に安全度が増します。
しかし、もう一人の人間がロープを確保するのに比べ、落下した場合の停止時の衝撃が大きく腰骨を痛める可能性があり、チェストハーネス(胸にとりつけるハーネス)などの併用が望まれます。
ソロクライミングの領域ですので、緊急時以外は避けたほうが無難でしょう。

質問した人からのコメント

2012/10/23 11:07:38

ありがとうございます。より実践的な場面を再現して頂きまして、イメージがよくわかりました。ヘタレですがちょっとロープを勉強始めてみたいと思います。ベストアンサーは悩みますが実践シーンを例示して下さったこちらのお方にさせて頂きます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nik********さん

2012/10/2221:26:48

つまりは崖みたいなとこでロープを回収できてなおかつ安全に降下できるロープワーク、ということでよろしいでしょうか

まず、ロープ1本だけで崖を降下するのは危険極まりない方法ですのでそれを踏まえて書きます

質問内容のように逆U字で降下するのは一番簡単で一番危険です。
ですが、私の知識範囲では逆U字を使用するしか思いつかないので逆U字を改良する形にします

>>お尻を結び
ここではもやい結びを使用するのが良いと思います
「簡単で安全確実」と教わっています
http://k-hiura.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-a045.html

降りる際、手でロープを掴んで踏ん張るのはなかなかきついので
ブルージックがいいと思うのですがこの結び方は基本的には横用なので縦に通用するかは分かりません
http://www.119.ecnet.jp/04seikatuansin-jyouhou/4-4challenge-pulurji...
(このサイトでは両端が使える状態での画像ですが、実際は片方しか使えないと思います)
ブルージックは4連のロープを包んでる紐を引っ張ると緩み、下に伸びた紐を引っ張るとつっかえるという結び方です

また、降りる際のもう一つの手段としては捕まるロープに節を付けていくという手段です
これは地味に結んでいってもいいですがロープワークということで節結びをご紹介します
http://www.119.ecnet.jp/04seikatuansin-jyouhou/4-4challenge-fusimus...
練習しないと絡まって地味に結んだ方が速かったりします(笑)

初めに紹介したもやい結びですが、2重もやい、3重もやいがありますが、難しい上時間がかかるのであまりおすすめはできません。(確かに安全ではあるが)
また、自衛隊なんかが使いそうな腹と股にロープをわたしてさらに安全な結び方がありますが素人では大変困難です

どのロープワークも練習しないと習得できませんので、練習はちょくちょくしてみてください
長文失礼しました

プロフィール画像

カテゴリマスター

g10********さん

編集あり2012/10/2221:09:53

その通りです。

木などに掛けて、下で片方引き回収します。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

「テレビ録画」にまつわる困ったエピソード

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる