ここから本文です

韓国人が、日本人はウリの文化をパクって発展したと騒いでいるので、渡来人がもた...

hom********さん

2012/10/2621:22:27

韓国人が、日本人はウリの文化をパクって発展したと騒いでいるので、渡来人がもたらした技術について説明します。

古代の日本には朝鮮半島から土器製作,農工技術,土木技術,養蚕,機織り,漢字,仏教,医学などの新しい文化や技術を持って多くの人たちが渡来してきた。
「渡来人」と呼んでいるが,実はわたしたち日本人の祖先でもある。
最初の渡来人たちは,紀元前にさかのぼるが,日本(九州を中心として)に米作りや土器などを伝えた人たちと考えられる。
その後、朝鮮半島では大きな動乱が起きた。
それから逃げるように日本に渡来し,製鉄の技術や鉄製の農具,灌漑(かんがい)技術などを伝えた人たちがいた。
かれらがもたらした道具や技術によって,それまでの生産方法や労働形態を一変させる一大改革が起こったのではないだろうか。
また,馬や馬具ももたらされ,乗馬も行われるようになった。
秦(はた)氏と漢(あや)氏(ともに個人名ではなく,集団名・一族名を指している)。
彼ら渡来人たちは優れた技術と能力を持ち,日本の国づくりを根底で支えたと言える。
秦氏は4・5世紀ごろに朝鮮半島の新羅(「波旦」が出身地か)からきた弓月君(ゆづきのきみ)を祖とする氏族。
土木技術や農業技術などに長けていた秦氏は灌漑設備も整えて土地の開墾を進んで行った。
また,養蚕,機織,酒造,金工などももたらした。
東漢氏(やまとのあやうじ-倭漢氏)は応神天皇の時代に百済(出身地は加羅諸国の安羅か)から17県の民とともに渡来して帰化した阿知使主(あちのおみ-阿智王)を祖とする氏族(東漢氏という個人名ではない)。
大和王権(大和朝廷)のもとで文書記録,外交,財政などを担当した。
また,製鉄,機織や土器(須恵器:すえき)生産技術などももたらした。

補足その後、朝鮮半島から来た渡来人たちは、日本に帰化してしまいました。

李氏朝鮮の民と複数ある日本民族は、遠く海を隔ててしまいましたので、全く別の様相をていしてしまいました。

韓国人が、「韓国とは違うな」(ヾ(´・ω・`)と感じた日本って、どんな日本ですか?

閲覧数:
2,221
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

par********さん

2012/10/2621:59:14

内容に嘘がありますので訂正します。
コメの伝来は朝鮮ルートでないことは近年の常識です。
むしろ日本から朝鮮に渡ったことがわかっています。
なお灌漑などについても日本から伝来したことがわかっていますので
お間違えのなきよう。
伝来のルートとしては中国の南方から日本へわたりそのあと朝鮮というのが通説です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる