ここから本文です

交通死亡事故の慰謝料について 88歳の父親が横断歩道を渡っているときに ...

yel********さん

2012/11/416:01:55

交通死亡事故の慰謝料について


88歳の父親が横断歩道を渡っているときに
車で跳ね飛ばされました。

過失割合は100:0です。

年金が少しもらえていたようですが
慰謝料の相場はどのくらいですか?

保険会社の提示は1300万円は妥当ですか?

遺族は配偶者と子供2人です。

配偶者がいるといないとでは金額が違ってくると
言われてました。

遺族も3人までで、たくさん子供がいても3人までしか
請求できないとこのこでした。

よろしくお願いします。

補足年齢は88歳ですが、農作業も十分に出来、元気で過ごしていました。事故当日も畑へ行っており
向かい側へ停めている車へ戻ろうとしたときに跳ね飛ばされました。

加害者はどうしようもない70代の男性です。
被害者が88歳なのでそんなに罪の意識はないのかもしれません。
いずれ風化されてしまうのかと思うと悔しいのです。

もっと長生きして、孫と色々なことをできたはずです。
孫も大変ショックを受けています。

閲覧数:
3,624
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xvx********さん

編集あり2012/11/421:00:40

まずはお父様のご冥福をお祈りいたします。

死亡の場合には自賠責保険基準としては以下が支払われます。

本人慰謝料、350万(遺族に支払われます)
遺族の慰謝料は、請求者1名で550万円、2名で650万円、3名以上で750万円が支払われ、被害者に被扶養者がいるときは、さらに200万円が加算されます。

葬儀費、60万円が支払われ、立証資料等によってこれを明らかに超えるなら100万円までで妥当な額が支払われます。

逸失利益、収入および就労可能期間、そして被扶養者の有無などを考慮のうえ算出します。


88歳ということで逸失利益が極端に少ないと思います。

慰謝料のみで考えれば若年であれば慰謝料の上乗せもありますが、高齢であればあまり望めないというのが実情でしょうか。

弁護士に頼み訴訟ということであればアップすることもありますが、時間と費用は掛かることになります。

1300万が妥当かどうかというと一応妥当だと思います。

補足から

妥当がどこを基準にするのかわかりませんが、自賠責を基準とした金額であれば妥当ということです。

金額で気持ちが晴れるのかどうかはわかりませんが、納得いく方法を考えてくださいね。

質問した人からのコメント

2012/11/5 17:56:39

みなさん、ありがとうございます。参考にさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kou********さん

2012/11/423:43:22

そもそも人間の価値とは何でしょうね?

http://jiko119.jp/photo1025063.html

hya********さん

2012/11/421:36:13

悪質な示談屋、交通事故の専門家、行政書士に注意してください。必ずあなたのまわりにハイエナのごとく群がってきます。

【お願い】最近、質問をした後、取り消したり放置する方が目立ちます。この質問に対する回答を得た場合は、放置・取消しすることなく、どれか最も参考になったと思う回答をベストアンサーに選んで完結させてください。

aj1********さん

2012/11/419:21:09

お見舞い申し上げます。
保険会社提示の慰謝料1300万円は自賠責と同額であり、配偶者のある男性としては(家族何人で暮らしていたかにもよりますが)少ないと思います。「横断歩道を渡っていて」車にはねられたことからすれば、認知症を患っていない限り(徘徊癖等ない限り)もっと慰謝料を要求しても構わないのではないでしょうか。話合いのみで解決するとしても1600万円位は認めて貰えると思います。

手間と時間はかかりますが、紛争処理センターや弁護士の利用を検討しても良いと思います。費用のかかる弁護士を利用しても慰謝料の増額を考慮すれば手取りが増える様な気がします。

尚、同居の親族が自動車保険にご加入の場合、人身傷害保険があれば支払い対象となる可能性がありますので確認してみて下さい。

hir********さん

編集あり2012/11/421:35:11

慰謝料の相場というものはありません。
保険会社提示の1300万円は、自賠責基準によるものと思います。
お母様が、お父上の被扶養者になっていたとすれば、本人慰謝料350万円、遺族慰謝料750万円、被扶養者分として+200万円、合計1300万円となります。

自分としては、弁護士基準での慰謝料等の請求をお勧めします。
弁護士基準では、慰謝料として2000万円~2200万円くらいです。
保険会社提示金額と700万円以上の差があります。

まず、交通事故に詳しくて、信頼のできる弁護士さんを選定して、依頼してください。
出来れば、自賠責に被害者請求をし、自賠責基準での損害賠償を貰った後で、弁護士基準との差額を請求することをお勧めします。

参考意見
弁護士基準で請求しても、損害額が3000万円以内と思います。
自賠責からの支払い限度額が3000万円ですから、全額、自賠責から支払われます。
700万円の差額は、大きいと思います。
他の回答者の意見に惑わされることなく、弁護士さんを依頼してください。

補足を読んで
88才の、男性の平均余命は5.04年です。
逸失利益は、現在の年収×(1-0.4)×1.8594となります。
また、年金部分は、原則、平均余命が対象となります。

悔しいお気持ちは、察して余りありますが、それを償うものは、損害賠償となってしまいます。
そのためにも、適正な損害賠償金を受けられますことをお勧めします。

もし、慰謝料等の適正な損害賠償金額を知りたい、ということであれば、府県の交通事故相談所に相談することもできます。
そこに、無料弁護士相談があれば、それを利用することをお勧めします。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる