ここから本文です

腕時計について質問です。

ath********さん

2012/11/600:25:58

腕時計について質問です。

よく自動巻き腕時計はオーバーホールを繰り返せば一生使える、といいますが、

例えばソーラー電波時計(シチズンのアテッサや、セイコーのブライツ)などはどう頑張っても一生使い続けることはできないのでしょうか?

補足では、一般的な使い方をしたとして、どのくらいが平均的な寿命でしょうか?(ソーラー電波腕時計)

閲覧数:
1,410
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

編集あり2012/11/621:52:30

かなり難しいと思います。(わたしは不可能だと思います。)
まず機械は必ず壊れます。
機械式が一生ものになりえるのは、複雑とは言ってもゼンマイと歯車の組み合わせなので、最悪故障個所を作り出せば良いからです。
一方で科学技術で作られたソーラーなどは、仕様などが変わってしまうと、一から作り出すのは非常に難しい。現代の科学の進歩からすれば、変化しない可能性は無いといっても良い。よっぽどのお金があれば、出来なくもないですけど…

それと、電子制御されているので、なんとかその時の最新機能で中身を作り替えたとしても、それは外枠だけで同じ時計と言えないと思います。

【補足】
販売終了から10年くらいが部品保持期間ですからね。
平均的には15年~20年の間じゃないだろうかと。

質問した人からのコメント

2012/11/13 02:59:09

感謝 ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nna********さん

編集あり2012/11/619:21:55

それが先端科学技術で作られたソーラー電波時計の切っても切れない宿命ですね。電子部品で作られた自動車、テレビ、エアコン、パソコンがどうしても一生使い続けることができないのと同じなんです。
ソーラー電波時計は機械式時計に比べて普及率がとても低いですし、モデルチェンジもしますから部品の代用が難しいです。機械式時計はその気になれば一流職人さんによって部品の自作も可能ですが、ソーラー電波時計のようなあんな細かい電子部品を職人が自作するのは不可能です。

補足の回答
20~30年が限界と思われます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる