ここから本文です

1φ3Wの配線用遮断機(MCCB)の仕組みについて

tur********さん

2012/11/1310:17:06

1φ3Wの配線用遮断機(MCCB)の仕組みについて

配線用遮断機のトリップの仕組みをフローまたは結線図などで教えて下さい。


電力会社が用意するリミッター(電流制限器)の場合は、中性線(COM)以外の2本線にCTがあって計測し、その電流値の合計がトリップ値(表示値)以上になると遮断するのは分かります。

ただ、配線用遮断機は合計容量(VA)となるのでよく分かりません。

リミッターと同じ考え方だと1φ3Wの場合は電流値は100Vの電流値、200Vの電流値でそれぞれ求めて合計してやらねばないと思います。

そうなると、配線用遮断機を求めるに当たって使用します低圧の1φ3Wの計算の仕方としては、合計電流=合計二次側負荷容量(VA)/200Vが成立しないと思います。

(中性線以外の一本の線にかかる電流値が大きくなる可能性が出るのでは無いでしょうか。)


さらに言えば、不平衡率も大きくなるのではないかと思います。

構造としては、3線すべてにCTを入れているのでしょうか。

自分自身、どこの線(R、S、T相)のどこの電流値を検出してトリップしているのか分かってないのだと思います。



宜しく御願い致します。

閲覧数:
1,929
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

☆凸凹☆さん

2012/11/1310:48:16

電力会社が用意するリミッター(電流制限器)の場合は、中性線(COM)以外の2本線にCTがあって計測し、その電流値の合計がトリップ値(表示値)以上になると遮断するのは分かります。

ただ、配線用遮断機は合計容量(VA)となるのでよく分かりません。

例えば電流制限器も配線用遮断器または漏電遮断器も30Aの表示の時は単相三線式を R相N相T相として
電流制限器はR相+T相=30A超えで作動します
配線用遮断器または漏電遮断器はR相30A超え又はT相30超えのいずれかでも起きれば作動します
つまりR相30A T相30Aならギリギリ作動しないかな
負荷容量(VA)なんて考えなくてもいいです
またCTではなく過電流素子です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる