ここから本文です

太平洋戦争を防ぐにはどうしたらよかったか、質問です。

lon********さん

2012/11/1721:17:03

太平洋戦争を防ぐにはどうしたらよかったか、質問です。

日本が、太平洋戦争を回避し、しかも満州国を手放さずにすむ方法は、あったと思われるでしょうか。
歴史に詳しい方、ご教授ください。

※この手の質問をすると、すぐIFネタをする事自体を非難してくる人がいますが、一切スルーしますのであしからず。

閲覧数:
5,914
回答数:
17
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

編集あり2012/11/1810:47:36

5年、10年、それ以上の平和を約束することはできませんが、ただ太平洋戦争を回避するだけなら日中戦争から手を引き、ドイツと縁を切りさえすれば日米間で戦争をすることは無かったでしょう。

ご存知のように、連合国とドイツとの間では戦争が起きておりアメリカは連合を支援していました。
しかしドイツがデンマーク、ノルウェー、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フランスと次々に侵攻し勢力を伸張するにつれアメリカ自身も対ドイツ戦参戦を考え始めます。
そのときに最も危惧されるのが対ドイツのため手空きになった連合の後背を日本に衝かれることでした。
当時日米の懸案事項は日本と中国との戦争であり、満州事変から日本の中国に対する野心が警戒と反感を買っていました。
各国は日本に対し経済制裁を行い、その解決のため日本は枢軸へと近づきます。
ですがここにきて米独戦争が現実味を帯びアメリカは日本への妥協を見せ始めます。
アメリカはその政治態度、利益の面から日本の中国撤兵を求めましたが、満州に関しては譲歩の姿勢を見せ始めます。
この時に行われた交渉では満州国の承認とは行かないでしょうが一時的に棚上げにすることはできたでしょう。
また米独戦争勃発時には太平洋における日本の輸送船の貸与を求めたり、三国同盟を脱退するなら日ソ間で戦争になった場合アメリカは日本を支援するといった相互に益のある交渉が行われました。

何故この交渉がうまくいかなかったのかは松岡洋右など親枢軸反連合勢力の活動や、日中戦争において多大な犠牲を払いながら得るものの無い講和を軍民が受け入れにくいことなど多くの要素が絡み合い一概には言えません。
ただ太平洋戦争を回避しかつ満州を維持することができる機会は確かに存在し、それを逃したことは残念なことです。

質問した人からのコメント

2012/11/23 22:59:03

抱きしめる matetukiさんの回答が、一番納得がいきましたのでベストアンサーです!
そして、回答を下さった皆さん、全てにありがとうです!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/16件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kok********さん

2012/11/2317:03:28

色々と考えましたが日米開戦は運命だったと思います。
当時は国内も国外も行き詰っていました。

ker********さん

2012/11/2023:49:57

こんばんは。

恐らく、日本の要求はアメリカは飲まなかったでしょう。
アメリカは当時、第二次世界大戦に参戦したいという「欲」がありました。
しかし、戦争にはそれなりの大義名分が必要です。現代でもイラクやアフガンを見るとそれは同じです。

そこで、満州や欧米の植民地にちょっかい出してる日本が狙われたのでしょう。

太平洋戦争の宣戦布告の詔書にサインした後のルーズベルト大統領の写真が残ってますが、にこやかに他の閣僚と談笑しています。
あの一枚が太平洋戦争は(アメリカに目を付けられた時点で)不可避だったと思います。

アメリカは今も昔もやり方は変わらないんですね。

zin********さん

2012/11/2023:19:53

アメリカと日本の事実上の最終交渉で、アメリカは「ハル・ノート」という「日本は東南アジアに対する権益を認めない」、「石油輸出禁止はいくつかの条件を飲まないと解禁しない」などの試案を提出しました。
しかしこれはあくまで「試案」であり、ここから互いに譲歩し合って決定していくのが本来ですが、何を血迷ったかこれを日本側は最後通牒と受け取り、対米開戦へと踏み切ってしまいました。
質問者さんは「満州権益」の確保が条件と言っていますが、このハル・ノートには満州権益は認めないとはどこにも書いていません。
つまりこのハル・ノートについてしっかりと協議し合って互いの合意を得れたのならギリギリで対米開戦回避、満州権益はそのまま維持ができます。

the********さん

2012/11/2020:58:56

やはり山本海軍大将が画策した真珠湾奇襲の完遂。陸軍は計画通り英領マレー制圧に成功し最高司令官まで捕虜にできた。
あの時、米海軍太平洋艦隊の空母3隻が停泊していて3隻とも撃沈もしくは大破轟沈していれば当面の間米海軍は太平洋において制空権がなく停戦もしくは休戦をせざるを得なかったでしょう。もちろん史実での山口海軍少将や三川海軍中将が具申した第二次攻撃を敢行し陸上構造物の完全破壊も条件となる。
満州を手放さない以上、資源の輸入元を断たれるわけなので戦わずして・・・は無い。

kar********さん

編集あり2012/11/2006:19:55

『我々には気球を米本土まで無人にて到達させる技術がある
この気球に搭載される物が細菌兵器となるか
平和を祝う紙ふぶきとなるかは貴国の判断に任せよう。』

これで米国市民はかなりブルっちゃいますねw

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる