ここから本文です

ジブラルタ生命の米国ドル建終身保険を契約した方いませんか? 提案時の利率説明と...

maeda45750さん

2012/11/2100:57:58

ジブラルタ生命の米国ドル建終身保険を契約した方いませんか?
提案時の利率説明と実際の利率に大幅な誤差が生じる。

約3万ドル 250万円の契約を2012年3月末にしました。
4月から大幅に金利下がるという事で駆込み契約しました。
しかし、提案時の口頭説明と設計書のCV表を比較すると10年で5000ドル 20年で10000ドルほど誤差が生じる。
多少の誤差なら目をつぶりますが、長い目で観ると、長期になればなるほど差が広がります。
複利運用と説明して、CV表の返戻金は契約70年後(106歳)では、250ドルの増加。
CV表は利率、増加率が判り難く、一度Excelに展開し、計算して誤差が発見できました。

契約提案時の説明で、予定利率2.75%複利運用です。
今がお買い得を説明されました。
実際の利率は 10年・・・1.34% 20年・・・1.65%になりました。
2012年3月頃に契約された方はどのように説明受けましたか?

閲覧数:
6,064
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cad78271さん

2012/11/2102:48:59

保険の予定利率は支払い保険料すべてに対して予定利率を見込むわけではありません。

保険料は、保険会社の
・運営に当てられる「付加保険料」

・将来の保険金の支払いに当てられる「純保険料」
に分けられます。

さらに純保険料は、
・死亡保険金を支払うための財源である「危険(死亡)保険料」

・満期保険金を支払うための財源である「貯蓄(生存)保険料」
とに分かれます。

「予定利率」は「保険金を支払うための財源」の予想運用収益の割引率です。「付加保険料」や「死亡保険料」を差し引いた金額に対して予定利率の収益を見込むことになります。

よって実際に支払っている保険料全般にかかるわけではないので実際の利回りは低くなるのです。


ただ、気になっているのは予定利率2.75%です。加入しているのはドル建て終身保険ですか?それともリタイアメントインカムですか?予定利率でいえば後者のような気もしますが。。。ドル建て終身なら改定前は予定利率4%固定。現在でも3%固定のはずです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

djkst389さん

2012/11/2110:40:38

もう一度確認してください。営業マン読んで。そんな違いはでません。私は同じものに加入してますが間違いないです。

k367855wさん

2012/11/2101:24:27

その予定利率というのは保険特有の利率であって運用利率ではないんですが・・・。

ですので複利の利率でもなんでもありません。

今アメリカも金利がすごく下がってます。

そんな高い運用利率の貯蓄商品はないはずです。


保険の予定利率というのは、保険金額に対しての保険料を算出する為の利率のことです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。