ここから本文です

「忘」と「忙」 共に「心」を「亡くす」で、「わすれる」と「いそがしい」と意味...

msa005_methussさん

2006/10/2515:26:13

「忘」と「忙」
共に「心」を「亡くす」で、「わすれる」と「いそがしい」と意味が異なります(字形も違いますが)。

「忘」と「忙」についての解説、よろしくお願い致します。

(-o-)/

閲覧数:
33,148
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pot_eight_osさん

編集あり2006/10/2522:10:59

おそらくもともとは同じ意味の字だったのを意味をふりわけたものらしいです。
「したごころ」の字は「心の上に何かをのせる」→「心が自分の意志でこうなった」(忠、志、忍など)、
「りっしんべん」の字は「心に何かが寄り添う」→「心が外的なものでどうかした」(快、悩、情など)の字義のものが多いのです。
「忘」は自分で自分の心をなくしたので「わすれる」、
「忙」は他のものに心を奪われるので「わすれさせられる→それほどいそがしい」です。
異論はございましょうが、一説には、ということで。

質問した人からのコメント

2006/10/26 15:29:37

成功 納得しました。
その一説に私は支持します。
(-o-)/

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kanariakajinさん

2006/10/2516:23:35

【忘】

『解字』
形声文字。心+亡。音符の亡は、なくなるの意味。心の中から記憶が
なくなる、わすれるの意味を表す。

【忙】

『解字』
形声文字。立心偏(心)+亡。音符の亡は、ないの意味。おちついた心がない。
いそがしいの意味を表す。

kenpapa0811さん

2006/10/2515:29:52

【忙】 心部 3画 総画数 6画
■解字
会意兼形声。
亡は、なくなる、ないの意を含む。
忙は「心+音符亡」で、あれこれと追われて、心がまともに存在しない状態、つまり、落ち着かない気持ちになること。
■音
【漢音】ボウ(バウ) 【呉音】モウ(マウ)
■訓
いそがしい
■意味
(ボウナリ)(バウナリ)いそがしい(いそがし)。
あれこれとせきたてられている。あわただしい。せわしい。心が落ち着かない。
《対語》⇒閑(カン)・(ヒマ)。《類義語》⇒急。「繁忙」

【忘】 心部 3画 総画数 7画
■解字
会意兼形声。
亡(ボウ)とは、人が囲いに隠れて姿をみせなくなることを示す会意文字。
忘は「心+音符亡」で、心中から姿を消してなくなる。
つまり、わすれる意。⇒亡
■音
【漢音】ボウ(バウ) 【呉音】モウ(マウ)
■訓
わすれる
■意味
(1)わすれる(わする)。記憶が心の中から消え去る。
《対語》⇒記。「忘帰=帰るを忘る」「忘我=我を忘る」
「発憤忘食=発憤して食を忘る」〔論語・述而〕
(2)わすれる(わする)。わすれ物をする。
《類義語》⇒遺。「遺忘」
http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/kanji/q/q_012.html

あわせて知りたい

初めてのいろいろ、心配がいっぱい

回答受付中の質問

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。