ここから本文です

アメリカって、映画みたいに本当に諜報や情報、調査や捜査機関があんなに沢山の種...

lov********さん

2012/11/2402:55:49

アメリカって、映画みたいに本当に諜報や情報、調査や捜査機関があんなに沢山の種類あるんですか?
映画や小説では、FBIや郡や州警察に市警察、保安官に連邦保安官? さらにNSA や CIA DEA

、軍隊も陸軍や海軍、空軍や海兵隊にも情報機関や憲兵がいて、入国管理官や、議会にも専門の調査スタッフがいたり、大統領のシークレットサービスや、謎の民間警備会社まで国の委託で調査してたり。
職域に専門、業務や権限が微妙に違いますが、フィクションでは相当被って仕事をしたり邪魔したりしてます。

あんなにあって、どっちが優先で、どちらの組織が上なのか、その場その場で混乱しないんでしょうか?

閲覧数:
378
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dar********さん

2012/11/2410:46:39

日本では、警察のほかに、厚労省の麻薬取締官や、国土交通省の海上保安官など、銃器の使用や逮捕権を持っている公務員がいますが、アメリカでは、その所属がかなり広範囲に渡り、たとえば映画やドラマにもなったアル・カポネを追い掛ける「アンタッチャブル」のエリオット・ネスは、警察官ではなく財務省の所属でした(今は司法省)。
実際にアメリカで逮捕権を有する当の職員間でも、「いったいどこの役所のどういう職員までが逮捕権(や、拳銃所持権)を有しているのか?」を全て把握している人はいないのではないか?と、言われています。
優先順位は判りません。
アメリカ人も、そこは変に思ってるらしく、映画のキャノンボール(だっけ?)で、州をまたいで交通違反を繰り返す主人公を追い掛ける警察官が、追い掛けているうちに、段々集結していくのですが、街の保安官、市警、FBI、その他、雑多な制服とパトカーがズラリと並んでしまってました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nak********さん

2012/11/2618:30:15

〇米国では現在25以上の諜報機関が存在し警察組織はFBIを筆頭に州警察、市警察、郡保安官事務所、連邦保安官事務所、アルコール・銃器取締局、AED、陸海空憲兵隊、陸海空犯罪捜査局・沿岸警備隊等が存在します。
〇以前はバラバラだった組織がテロ対策・諜報に限り国家安全保障省が統一指揮する事になりました。
〇一般警察業務はそのままバラバラです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる