至急! 100年前に手紙を書いたときに使っていたペンについて

至急! 100年前に手紙を書いたときに使っていたペンについて 100年前に手紙を書くときは、今のようなボールペンはなかったと思います。 どのようなペンを使って書いていたか、分かる方教えてください。

日本史368閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

持ち歩き(携帯用)は万年筆です。 私は75歳の爺さんです、中学生くらいから万年筆を使いました。(ノートをとるのは殆んど万年筆でした) 事務所などでは付けペンです(軸の先にペン先をを付け、インク瓶に付けて使います)、一回インクを付けると一行くらいは書けました。 付けペンは昔の羽ペンの改良品です。 第二次世界戦争の頃は、金属は貴重品でガラスペンが使われました(今もマニアは使っています) ペンの軸にインクを入れたのが万年筆です、今でも作家やマニアは使っています。 1960年ころまで、公文書は青インクのペンで書きました、いつの間にかボールペンに取って代りました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E5%B9%B4%E7%AD%86#.E4.B8.87.E5.B9.B4.E7.AD.86.E3.81.AE.E6.AD.B4.E5.8F.B2 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A4%E3%81%91%E3%83%9A%E3%83%B3 http://www.tachikawa-net.co.jp/bungu02.html http://www7.ocn.ne.jp/~glasspen/page003.html http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E6%A0%B9%E3%83%9A%E3%83%B3

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 役に立ちました。

お礼日時:2012/11/30 23:17

その他の回答(3件)

0

100年前と云えば大正の初めですよね。手紙はほとんど毛筆で書かれていました。当時の人は毛筆を日常使っていたので大変上手だったのです。私の祖父が明治末期から大正初期に書いた手紙や履歴書などが残っていますが、驚くほどの達筆です。細い文字も筆でじつに上手に書いています。万年筆は当時すでにありましたが高価であり一般庶民は毛筆がふつうでした。万年筆ではなくて使用の都度、インク壺につけて書くふつうのペンもありました。会社などではこれを使っていました。

0

羽ペン(ガチョウの羽の先にインクを着けて書く)か、万年筆(今の万年筆と形はほぼ同じだが、インクの供給方法は羽ペンと同じか、吸い込み式)じゃないかな。 ボールペンは無理だねえ。あんな小さなボールベアリングが100年前じゃ作れないからねぇ。

0

100年前だと毛筆か万年筆、でなければ鉛筆じゃないですか? 羽ペン…だと古すぎるか。