ここから本文です

助詞の種類(格助詞、接続助詞、副助詞、終助詞)の見分け方のコツを教えてくださ...

アバター

ID非公開さん

2012/11/2609:51:46

助詞の種類(格助詞、接続助詞、副助詞、終助詞)の見分け方のコツを教えてください。
よろしくお願いします。

閲覧数:
14,581
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aop********さん

2012/11/2619:05:00

それぞれの助詞の定義・説明は教科書で理解されているという前提で回答します。

見分けやすい順に
(1)終助詞……ふつう、文末にある。たまに文中にあることもあるが、「あのね、今日ね、」の「ね」のように、後に読点「、」をつけて区切ってあるはず。
(2)接続助詞……文の前半と後半をつなぐ位置にある。その位置で2文に分けようと思えば分けられる。

ここまで見分けたら、残るのが格助詞と副助詞です。そのうち(3)格助詞は10個しかないので、丸暗記です。多分学校でも習うと思いますが、よく使われるのが「を、に、が、と、より、で、から、の、へ、や」(鬼が戸より出、空の部屋)です。これに当てはまらないのは(4)副助詞です。注意点は、「が」「から」は接続助詞にも格助詞にもあるので、先に接続助詞の可能性を考えてみることです。

アバター

質問した人からのコメント

2012/11/26 21:45:40

降参 ありがとうございました。
テストもこの方法でいかせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fky********さん

2012/11/2613:03:37

ざっくりですから、あまり期待しないでください。
【格助詞】
体言(活用のないもの)につく。
花「が」咲く。学校「へ」行く。本「を」買う。
【接続助詞】
用言(活用があるもの)につく。
食べ「ながら」歩く。やった「が」できなかった。前に見た「ので」結構です。
【副助詞】
意味を限定するもの。
さえ、ばかり、だけ、まで
【終助詞】
文の終わりで、疑問、驚き、強調等をあわらす。
すごい「や」。できる「かしら」。やる「ぞ」。

すべてほんの一例です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる