ここから本文です

イトマン事件というのを、わかり易く解説してもらえませんか?

アバター

ID非公開さん

2012/12/102:04:45

イトマン事件というのを、わかり易く解説してもらえませんか?

難しすぎてわかりません、よろしくお願いします。

閲覧数:
62,248
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hr9********さん

2012/12/111:22:15

大阪の繊維系中堅商社「 イトマン 」は、繊維不況の
影響で業績が悪化。経営建て直しのために、取引銀行で
ある「 住友銀行 」の役員だった人物を社長に迎えます。

おっとり的な社風を新社長は「 モーレツ経営 」で変え、
業績も回復。「 中興の祖 」と 高く評価されます。

繊維だけでは発展が見込めないと考えた社長は、
「 川下戦略 」である、消費者に近い事業を展開させる事を
決意、有名だった「 イトマンスイミングスクール 」を含む、
様々な事業を手がけますが、玩具の自販機販売事業など、
失敗する事業も出てきたり、居酒屋「 つぼ八 」は、
当初はフランチャイズの加盟側だったのを、「 儲かる事業だから 」と
役員を送りこんで乗っ取り、他の加盟店が離脱するなど 話題に
なったりします。

失敗による減益で責任を追及されることを恐れた社長は、
不動産事業の拡大に力を入れますが、実態は利益を確保する
為だけの帳簿操作にも似た、不健全なものが多数でした。

「 イトマンが不動産事業に力を入れている 」という情報を
聞きつけた、地上げ屋 I氏が社長に接近。弁舌巧みな
彼の話術に、社長は惑わされ、I氏を不動産事業の責任者に
就任させます。彼は、自分の手がけていた事業をイトマンとの
共同事業に。会社から多額の金を出させますが、それらを自分の
借金返済に充てるなど、不正行為を行います。

社長がスカウトしたI氏の事業なので役員は何も言えず、
勇気を出して忠告した幹部は左遷されたり、と 会社の
暴走はエスカレート。メインの住友銀行も さすがに危険と
感じてI氏の解任を要請。拒否した社長は他の銀行からも
金を借りるなどして事業を継続。

不動産や会計の不正が発覚、司法の手が入り、
社長やI氏は逮捕。会社は創業以来、最大の赤字決算に。

住友銀行は 社長を送りこんだ責任を感じていたのか、
イトマンは「 倒産 」ではなく、住友金属の商社部門、
「 住金物産 」に吸収され、長い歴史を誇る「 イトマン 」は
終わりをつげました。

アバター

質問した人からのコメント

2012/12/1 11:27:20

わかりやすく、ありがとうございました。

「イトマン事件」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる