ここから本文です

ウーハーとアンプの質問なんですが、現在RMS1200W 4ΩDVCウーハー(パラ1Ω化)を二発...

aaa********さん

2012/12/319:17:42

ウーハーとアンプの質問なんですが、現在RMS1200W 4ΩDVCウーハー(パラ1Ω化)を二発をRMS5000W(1Ω)のD級アンプにて駆動させています。
アンプは4Ω駆動でRMS1250Wの接続も出来ますので4Ωで駆動させた方がウーハーを壊さない為にもよろしいでしょうか?
ボリュームはかなり上げて聴きます。 些細な疑問ですがよろしくお願いします。

閲覧数:
280
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

i_m********さん

2012/12/319:56:09

はじめまして♪

スピーカーの耐入力表示はかなり曖昧だと考えましょう。
一応の基準は在るのですが、半分以下でも壊れる時は壊れます。

さて、1Ωとは言え、瞬間でも5000Wも出せるデジタルパーワー段のアンプってどんな製品なのでしょう?
家庭用コンセントは100V15Aまでですので、1500Wが上限値となります。
1Ωで5000Wとなりますと、スピーカーケーブルが直径何センチの銅線なら可能なのかなぁ?
アンプ回路内もスピーカーの内部配線も、、、
そもそも、その電力はどこから??

あくまでもキャパシタ等からの瞬間的な供給能力としての理論値、数字的な可能性と言う部分の計算では無いのでしょうか?
実測値では無さそうに思いますけれど、、、

ワット数とインピーダンスで電力部分は計算上で変わって来ます。
音量に関しては、スピーカーが音に変換する効率、これが10倍、100倍など、時には1000倍。大きく違ったりするので、なんとも言えません。一部のスピーカーには大入力時にスピーカーに電力が行かずに電球などで消費させてスペック上で耐入力値を高くしている製品すら存在します。

現実的な「ウーファーを壊さない」方法は、基本的に音が崩れる音量域では使わない事。
アンプのトラブル等で高周波や直流に近い極低周波などが無い事。
単信号の連続動作はさせない事、(私も経験が在りますが、測定等でテスト信号を使う場合にスピーカやアンプが1/10くらいのはずなのに焼損する場合も在ります、アンプまで焼けたのは1度きりですが、スピーカーは何組焼いたか、、、滝汗)

現実的な面で、ケーブル配線を考えますと動作インピーダンスを低くしすぎない方が良いと思います。
4Ω駆動で1250Wなら、電線が水を撒くホースよりはかなり細くても、導体が鉛筆程度の太さでも対応出来るでしょう(配線の長さにもよりますが、常識的な範囲で。)

ダブルヴォイスコイルとか低いインピーダンスと言う状況から、家庭用オーディオや。業務用のプロオーディオでは無いように思えます。カーオーディオのごく一部の範囲でしょうかね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる