ここから本文です

日本の農業従事者の高齢化問題

go9********さん

2012/12/515:27:09

日本の農業従事者の高齢化問題

現在、日本では農業従事者の高齢化と減少が進んでいますが
そのことについてどう思われますか?何に原因があると考えますか?
また、対応を踏まえて農業振興についての提案などはありますか?

閲覧数:
570
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kar********さん

2012/12/520:06:35

高齢化が問題になっていますが、農業従事者の平均年齢が高齢化してる事と・農業従事者の割合に高齢者が多いから問題になっているって事ですよね?

高齢化は昔からこんな感じなので、今になって何で騒いでいるのかが分かりませんよ。農業は定年がないので70歳でも80歳でも体が動くならば死ぬ寸前まで働いている人が多いです。平均年齢が高いのもそのせいだと思います。

農業従事者の割合に高齢者が多いのは、兼業農家の多くが高齢の両親が農業を主にしていて子供(中高年)は生活の為に働いている人が多いからですよ。農家に生まれても基本的に生活は一般家庭と変わりません。生活費を稼げなくちゃ子供を育てる事も難しいし、農業収入だけでは生活もできないし、農業もできないので夫婦共稼ぎで一生懸命に働いてお金を稼いでいるのです。そう考えると、その家庭の農業従事者は高齢のお年寄りのみになるので割合も大きくなるのでは?

若者が農業をやらないのもしょうがない事です。農家に生まれたからって農業やらなくちゃいけない・農業をやるしか未来がないなんて夢も希望もなくて辛いものですよ。一般家庭で生まれた人には計り知れない悩みや将来の事(いずれ農業を継がなくちゃいけないとか・継がなくても農地が残るのでどうすればいいのか分からない。など)の責任を背負っているので、全ての人が家の為に自分の人生を賭けて生きる事は難しいと思います。

農業は男がやるもの!のようなイメージがありますが、全ての農家が男が継ぐわけではありません。女性の跡継ぎも増えていて、家を継ぐ為には「婿」じゃなくちゃまずいので結婚したくてもそれが原因で恋愛すら厳しい状態だったり、世間のイメージで自分の家が「農家」だと言うことを躊躇する人も多いのです。家が農家だからって馬鹿にされたり、知ったかぶりの知識で偉そうに農家批判を言われる事も多いので傷ついている人も沢山いるのです。

一番の原因は稼げないからです。売っている価格がそのまま農家の収入になると思っている人がいますが、売値の2割~3割程度が農家の収入で利益は1割もないと思います。住宅ローン返済くらいでヒーヒー言ってるような人には想像もつきませんが、農業機械は家一軒くらいの値段がするのは当たり前にありますので、それを買ってローンを支払いながら野菜を作っているのです。お金持ってるから買えるんでしょ?と言われますが、ローンを返して生活していく為に「家族総出」で深夜まで働くのです。返せなかったら、死ぬしかないんですもの。農家では一家の世帯主がよく自殺しますが、生命保険金で借金返す為に、残された家族の為に死ぬ人もいます。そんな家を何件も見てきました。それが現実です。

農業復興の為には、生産物全ての価格上昇を望みます。市場などの価格はその時の天候や時期によって違いますが、最低価格がないのに等しいので、ダメな時は箱で200円とかでもう絶望しかないですから。箱代と運賃引かれたら、こちらが品物売ってるのに品物代で足りなくて、こちらがお金払わなくちゃいけなくなる時があります。馬鹿みたいですからね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cha********さん

2012/12/1115:44:33

米、麦は楽だが機械代がたかく結局もうからない
野菜は市況の乱高下とからだがしんどい
指が太くなる。腰もいたくなります
今頃は寒い
結論
儲からないのとからだがエライんで若い人は見向きもしません
逆に定年退職して年金25万ぐらいもらってるジジィは
道楽で米づくりをします。トラクターもエアコン付を買いもとめます

adg********さん

2012/12/518:55:21

原因は簡単。
米農家は身内総出で無料で手伝っても生活保護よりも儲からないから。
これ最近の話ではありません。40年以上前からこんな状態です。
米農家は春と秋しか働いていないっていうアホもいますが
勿論、合間は野菜をし冬は土木作業で働いて稼いでも
こんな状態が40年以上続いているのです。
その人達が70近くになりその息子達はそんなのを目の当たりに
しているから継ぐわけありません。
素直にサラリーマンやってもっている土地は小作に丸投げした方が
楽でボーナスも貰え安定した生活出来るからです。
農業をさせるのは簡単です。
一流企業のサラリーマン以上の安定した収入をただの米農家が
得られるようになれば誰だって農業に参入します。
そんないい条件なら面倒な障壁なんか気にしません。

ちなみに直売所で売ればいいというアホな意見もたまに出るが
一日直売所に出していくらの売上が見込まれるか計算すれば
自ずとばかばかしくなるはずです。
現実を知れば知るほど農業なんかしませんよ。

だから40年以上前から農家は子供がいじめられる親の職業の
一つだったんです。
そんな状態では無理ですね。

kan********さん

2012/12/515:41:50

農業に魅力がないからだろう、労力の割に所得が少ない。

米農家は機会貧乏になり、農協の奴隷のような存在だ。

農業再構築の基本はTPPを避け、地産地消に徹することである。

農業を基本に国造り(農本主義)に立ち返ることだ。

温暖化が進めば、天候不良などで農作物は入ってこなくなる。

大根が10000円の時代が来るかもしれない。

それでも人間は食わなければ生きて行けないのだ。

車やPCスマホなどはなくても生きて行ける。

農地を整理し、株式会社化して若者の雇用を増やす。

食糧は絶対輸入しない、輸出しない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる