ここから本文です

乃木希典は小説「坂の上の雲」で

goo********さん

2012/12/1121:09:01

乃木希典は小説「坂の上の雲」で

203高地を海軍などに早く攻めろと言われて、乃木は頑固で無視を続けたと書いてありましたが、これは事実なのですか?
坂の上の雲以外の乃木さんの評価を知りたいです。

閲覧数:
712
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

2012/12/1121:13:12

小説「坂の上の雲」では、乃木はそのようにかかれていません。乃木のスタッフ(砲の専門家である参謀)が頑固で、203高地への本格的攻撃を実行しなかったとかかれています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

you********さん

編集あり2012/12/1420:36:28

もともと陸軍は、旅順要塞攻撃をするつもりはなく、封鎖すれば良しとし
満州での平原戦を想定していました。
そうはいっても、補給は海上輸送となるため、海軍へ旅順攻撃も視野に入れていたが
海軍側が、陸軍への対抗意識からか、それをはねつけています。
児玉源太郎が、「竹柵でもつくっておけ」といったのは、こういうことがあったからです。

さらに海軍は旅順港攻撃・閉塞作戦と失敗しながらも、明治37年4月の陸海軍作戦会議でも
陸軍の旅順要塞攻撃は必要なしとしています。

ただ、陸軍としても補給基地である大連防衛の観点から、旅順要塞攻略をも想定し
乃木希典を司令官とする第三軍を編成します。
しかし、海軍が縄張り意識から、旅順攻撃は海軍のものとして認めず、とりあえず
6月に遼東半島へ渡ります。

そうして、にっちもさっちもいかなくなった海軍が、陸軍に旅順攻撃を要請したのが
開戦から5か月たった、7月の大本営会議です。

こうして、8月19日の第1次総攻撃を迎えるのですが、開戦から半年たち、旅順要塞は
防備を強化され、この時点で大損害が出るのは目に見えたといえます。

203高地については、「雲の上」では、早くから海軍が着目していたかのように書かれて
いますが、実際には第2次攻撃以降になって、着目したのであってそれ以前は、
ただ旅順要塞攻略を催促しただけです。

海軍からの要請に対し、乃木は、満州総司令部の許可を得ずに203高地攻撃へと転じます。
無視したどころか、速攻で要望に応じたのです。しかも、命令違反となるにもかかわらず。

結局のところ、旅順での大損害は、海軍の責任に追うとことが大と言えます。
初めから、陸・海軍協力の元、旅順攻撃をしていたら、少しは損害は低かったと思われます。

ths********さん

2012/12/1300:23:45

質問でも他回答でもあるのですが乃木が正面攻撃に拘り損害を増した事が良く問題視されます

しかし旅順要塞は全周囲に保塁を配し、塹壕と鉄条網でそれを繋いだ全周囲要塞です
東北方面から攻めようと西北方面から攻めようとどちらも全く同じ防御力の防衛線を相手にするのです
何をさして
「正面攻撃に拘り過ぎ」
というのでしょう?
正面という概念は旅順要塞のような近代要塞にはないんですよ

では何故乃木は西北方面から攻めなかったのでしょう?
それは西北方面には鉄道が通じておらず、また道路も狭く行き届いていないので部隊展開が難しく、攻撃しても増援の部隊を送りづらい攻める側に負担の大きい方面だからです

当時の陸軍は鉄道から離れたら歩くか馬などで牽引するかしか部隊を動かせません
早期攻略を要請され続けている第3軍がそんな時間の要する西北方面を攻略目標に出来ないのは当たり前です
西北方面攻略を主張し続けた長岡次長などは現場の状況を全く理解していなかったのです
彼らが何故そう主張したかというのも
「東北方面は鉄道なども整備されており、攻撃側が攻め易いから当然守備側も防御を強力にしている筈」
という根拠のない妄想でした
実際は上記のとおり全周囲おなじ防御力でした

「正面攻撃に拘り過ぎ」
というのは当時の情勢を知らない空論にすぎないのです

さて坂の上の雲以外の乃木の評価ですが、日露戦争前の乃木の評価は
「野戦に強い将軍」
でした
秋月の乱を瞬く間に制圧し、西南戦争でも、倍する敵相手に徴兵された経験浅い部隊を指揮して互角に渡り合い(結局後方を遮断されそうになって撤退。その際有名な軍旗喪失事件が起きた)日清戦争では、蓋平の戦いで第3師団を包囲する清の大軍を率いる歩兵旅団だけで包囲を打ち砕いて解放するなど活躍しています
戦後もレーニンに旅順戦で、第一次総攻撃の失敗後、すぐさま攻略法を正攻法に変更するなどの柔軟な運用を褒められてます
観戦武官として共にいたイギリス陸軍のイアン・ハミルトンやアメリカの従軍記者スタンレー・ウォシュバンなども彼の軍人としても有能さを書いています

sto********さん

編集あり2012/12/1206:59:34

皇室関係の書籍を書く作家の乃木将軍に対する評価は酷いものですよ。
まず乃木将軍は旅順の要塞の封じ込めではなく『攻略』を求められていた。
・・・児玉大将は参謀本部の集会で『旅順要塞は竹矢来を組んで敵兵を防いでおけばよい』と誤った認識発言をしている。
28サンチ砲は有坂技術審査部長が、長岡外史参謀次長に建言して艦砲では11インチに相当し三笠の12インチ主砲を下回る。『堅鉄弾』で無筋コンクリート1.8mを貫通できるとされ堡塁兵舎をギリギリ破壊できるとされる。
泥で急造された新市街の堡塁では地面に突き刺さるでけで効果はないので、攻撃目標は東北方面とされた・・・①
第一回目の攻撃失敗の後、乃木将軍は『築城作戦』に転換してブラックダルメーと呼ばれる第一次世界大戦で広く用いられる塹壕を用いる嚆矢となった。
・・・これについては軍事オタクのレーニンも大きな損害を出しながら戦術を転換した名将と評価。
しかし参謀本部は第三軍を北の遼陽方面に転用する為に攻略を急がせた為に、乃木は対壕を充分に築けないまま第二回目の総攻撃命令を発する。
この攻撃も被害が増大すると乃木将軍は作戦の中止を通達。
この後、28サンチ砲による艦船射撃を行う為に、203高地に観測所を設けるように海軍から要求されたが、28サンチ砲では艦船撃沈は難しいとして児玉大将は反論している。
第三回目総攻撃失敗の後、11月27日より攻撃目標を203高地に定め、11月29日に児玉大将が旅順に到着すると占領地点確保を主張する児玉大将の変節に乃木将軍は驚いたとされる。
有名な28センチ砲移動の件については当時開発されたポルトランドセメントでも乾くのに28日かかり、①で説明したように『堅鉄弾』では203高地の地表に突き刺さるだけで効果は期待できない。
児玉大将が乃木将軍と違うのは味方の損害が増えると作戦を中止した乃木将軍と異なり、敵も損害を出して苦しいのだと判断して攻撃を続けたとされる事です。
上記は現在の軍事史の第一人者とされる山田朗氏の書籍から引用しました。
マッカーサーも乃木神社を空襲の攻撃から除外するよう指示をだしたと書籍で読んだことがあります。

mig********さん

編集あり2012/12/1123:44:41

【黄海海戦】で討ち漏らしたロシアの【旅順艦隊】が、難攻不落の要塞砲に守られた旅順港に逃げ込んで、出て来なく成ってしまった。
ロシアの【バルチック艦隊】と【旅順艦隊】が合流すれば、我が【連合艦隊】の2倍の戦力に成り、日本には到底勝ち目が無い。
旅順要塞の正面攻撃に固執する【日本陸軍】は、数度に亘る総攻撃も失敗して途方もない数の死傷者を出してしまいます。
大本営は【乃木大将】の更迭を考えるが、明治天皇が反対したため更迭は撤回され、『満州軍総参謀長』の【児玉源太郎】が旅順に派遣されます。
児玉は乃木と話し合い、児玉が一時的に『第三軍』の指揮を執る事に成ります。
【旅順港】を一望出来る標高203mの【ニ○三高地】に着弾観測所を設ければ、陸軍の28cm榴弾砲で【旅順艦隊】を完全に殲滅する事が出来る。これが【ニ○三高地】攻略の目的です。【ニ○三高地】攻略の前に、【南山坡山】に設けた着弾観測所による砲撃で、【旅順艦隊】は死角と成る【東港】に移動してしまった為、観測所から見えなく成ってしまいます。【第三軍】は、ほぼ『旅順艦隊』は無力化したと判断しますが、【旅順港】の東港に隠れた【旅順艦隊】が見えない以上、それは単なる推測にしか過ぎず、とても【大本営】を納得させられるものでは有りませんでした。【海軍】はトラの子の戦艦6隻の内、【初瀬】と【八島】が『旅順封鎖中』に触雷して沈没してしまい、主力戦艦が4隻に成ってしまった為、大本営と海軍は【バルチック艦隊】を迎え撃つ前に、何としても【旅順艦隊】が沈んでいる事を確認したかった。此れが大まかな流れですね。
確かに乃木さんの【第三軍】は、堅固な要塞に対して【正面攻撃】に固執し、甚大な被害を出してしまい無謀な肉弾突撃を慣行したイメージが強いですが、最初から【ニ○三高地】の攻略を【第三軍】が目指したとしても、そちら側にロシア軍も兵力を移動させたでしょうから、やはり相当の犠牲者を出したと思います。ただ余りにも【正面攻撃】に固執し過ぎた感は否めないですね。しかし1月迄に攻略しなければ成らないあの状況では、乃木さんだけを責めるのは酷のような気がします。

【黄海海戦】で討ち漏らしたロシアの【旅順艦隊】が、難攻不落の要塞砲に守られた旅順港に逃げ込んで、出て来なく成ってし...

yuj********さん

2012/12/1123:24:58

司馬史観をのぞけば、あれ以外にやりようはなく、乃木将軍はほかに選択肢のないなかで健闘したとの評価が一般的ですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる