硬式テニス:戦術

補足

シングルスでお願いします。 私は、スピン系のストロークが得意で フォア、バックは特にどちらが苦手という意識はないです。 サーブはフラットのスピードには少し自信を持っていますが基本的にはスピンやスライスが中心です。 バックボレーは苦手ですがフォアボレーは得意です。 基本的には何でも打てますが、あえて挙げればこんなです。 全部コントロールはそれなりに出来ます。 情報不足だったようですみません 回答宜しくお願いします!

テニス1,517閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(1件)

0

●打てるショットやサーブ・レシーブの強さによって戦術は変わってきます。サーブが強ければ強いほど荒く攻撃的になり、弱ければ弱いほど粘り重視になるのは基本です。サーブを攻撃されてしまうと、いきなり劣勢になるので守るストロークが重要になり、サーブがいいところに決まるといきなりチャンスのボールが来るので叩くストロークが重要になり、それを極大化していくとネットプレーを駆使して叩いたり、決める事になります。(ラリーをしない)レシーブが強いテニスは、ストローク戦(打ち合い)が強いので≪繫ぎ&叩き≫という感じの攻撃的ストローカー(ストロークエース重視)になっていきます。 この理屈はあなたの周囲でもほとんど当てはまっているハズです。 ●さて、戦術の基本の基本ですが、クロスコートの攻防と言うのがあるのでそれをお話しします。 色々な人がいますが、≪素人はまずフォアハンドクロスで打ち合います≫。玄人から見たら何の意味も無い行為ですが、スピードは速かったりして上手く見える事もあります。ここでそれに打ち勝った人間①と打ち負けた人間②に別れます。①フォアハンドクロスで打ち勝ち続けた人間のフォアハンドというのは残虐非道で足の速さを活かせば、コートを7;3でフォアハンドで守り、どこまでも永遠にフォアで打ちまくります。そして甘いところを叩いて前に出てスマッシュやボレーで決めてしまうわけです。この場合、バックハンドはあまり上手くない上にミスも多いのですが、ある程度のレベル以上は足の速さ+体力で勝ち上がるわけです。 フォアクロスで打ち勝ったところから、緩く甘い球を回り込んでフォアハンドで決めてしまうわけです。その威力やコントロールはもはや残虐非道でどこからでも決めてくるし、繋いだボールもかなり厳しく、パスもロブも自由自在なのです。 ②フォアクロスで打ち負けた人間でも諦める事はなく、バックハンドを練習してバックハンドクロスで勝負していきます。バックハンドクロスで打ち合い続ける事で、バックハンドの苦手な初心者を尽く撃破し、①にも勝ちます。右利き同士のラリー勝負はほとんどがバックハンド選手権になってくるのでこのような選手は実際多いのです。(バックハンドの方が得意でフォアが苦手)バックハンドクロスで打ち勝ったところから、甘い球をバックハンドで叩き、フォアは守備や攻撃が悪く繫ぎに徹するわけです。 ③その両方に打ち負けた人たち その両方に打ち負けた人というのは俗に言う≪変則≫になります。徹底してロビングを使用したり、スライスを多用したり、ネットプレーを多くする、展開無視で粘り続ける・・・など、理屈度外視でも勝ちに拘ってテニスを続けるか、若しくは辞めていきます。試合に勝つためにそういうスタイルを形成したので①や②とも対等に戦いますが変則に拘り過ぎると基本からハズれてしまう場合もあり失敗する事もあると同時に、それ以上伸びるのが難しくなるわけです(指導を受けられないため)。 一番楽に成績を残すのが①で、そこそこ苦労するのが②、苦労する人とそうでない人の差が極端に激しいのが③です。最後に、ストレート攻撃やストロークの考え方については私の知恵ノート卓球編を参考にしてください。ほとんど同じです。 補足 オールラウンドにプレーするとしてもバックハンドボレーにミスが多いとか、決め手を欠けばオールラウンドは成立しません。バックハンドボレーは前に落として決める事から始めて、最終的には叩けるように練習すれば上達が速いです。根本としてストローク戦で打ち勝ち、甘いボールを決めるくらいに叩いてネットに詰めていくのが現代テニスの主流なのでラリー戦で打ち勝つ事がまず非常に重要で、次に、浮いた球を決める事が重要です。 そのためには、バックハンドかフォアハンドのどちらかが物凄く強い方が戦いやすいのです。重要になるクロスコートはバックサイドなので、バックハンドクロス、フォアハンド逆クロスの攻撃力が重要になります。