ここから本文です

新世紀エヴァンゲリオン(禁じられたアダムとリリスの融合について)

yar********さん

2012/12/1422:42:21

新世紀エヴァンゲリオン(禁じられたアダムとリリスの融合について)

新世紀エヴァンゲリオン
第26話「まごころを、君に」で
碇ゲンドウは
「ユイと再び逢うにはこれしかない。
アダムとリリスの禁じられた融合だけだ。」
と言っています。

”禁じられた”という以上、誰かがしてはいけないと
決めたのだと思いますが、それは誰でしょう。
そしてなぜ、やってはいけないのでしょうか?

私が調べた範囲では、誰が禁じたのかは、
はっきりしないはずですが、
もし、それが分かる資料があるなら、教えてください。


アダムとリリスのことを知っているのは、

神(創造主)=第一始祖民族
アダム
リリス
ゼーレ

の4つしかないはずなので、このうちのどれかだと思いますが。

補足「アダム」と「リリス」を融合すれば、神と等しい力が手に入り、
全ての願いが叶うはずなのに、
ゼーレはそれを行おうとせず、ゲンドウはそれを、「禁じられた」という。
ゼーレが、それを行わない理由は?
(ゲンドウだけが、それを見つけた可能性もあるが・・・)

閲覧数:
1,600
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mr_********さん

2012/12/1515:15:58

これは文章や何者かの意思によって直接的に禁じられたものではないでしょう。

アダムやリリスは、本来1つの星に1つのみが落着するはずの始祖です。
なので彼らを創った第一始祖民族は、2つ以上の始祖が融合することを想定していなかったということになります。
ゲンドウは死海文書(裏死海文書含む)の記述から、第一始祖民族のことも含めて、地球に生命が繁殖した経緯を詳細まで知っていましたから、自分の行為がアダム・リリスに本来備わる仕様から外れた行為であることを知っていたはずです。

ゼーレやゲンドウの言う「神」は、畏怖の対象たる概念ではなく、始祖たるアダムとリリスをただそう呼んでいただけのことですが、「神」のルール(規格)に反した行為をすることを、「禁じられた」と表現したのだろうと思います。

質問した人からのコメント

2012/12/16 15:23:25

少し考えたら、アダムもリリスもゲンドウの手元にあって、アダムとリリスの融合はゲンドウにしかできないことに気がつきました。
「神に等しい力を得る」ことをゼーレは、どう考えていたのか気になるのですが・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる