ここから本文です

税理士を目指しています。そこで専門学校の候補としては大原、TAC、LECを考...

yyy********さん

2012/12/2219:40:16

税理士を目指しています。そこで専門学校の候補としては大原、TAC、LECを考えているのですが、実績や規模を考えたら大原かTAC、値段を見るならLECだと思います。細かい部分の評価を教えてください。

私は某地方国立大で会計学を専門に勉強しています(大学2年生)
知識としては日商簿記2級、FP2級程度です。
調べてみたら専門学校の講座は9月ころスタートらしいので、それまでの期間は日商簿記1級(商業簿記・会計学中心)の勉強をし、その後専門学校の講座を受けてみようと思っています。

税理士試験の受験歴、勉強歴は無く、ゼロからのスタートとなります。ネットや本で調べた結果、税理士試験は簿記論と財務諸表論から入った方がいいと書いてありました。ですので最初は簿記論と財務諸表論を勉強する予定です。

また近くに専門学校が無いので、WEB通信かDVDでの学習にしようと思っています。
模試等は少しでも本番に近づけるため、学校に行って受けようと考えてみます。

これらの前提を踏まえたうえで、以下の質問に答えてくれたら嬉しいです。
①初学で簿記論・財務諸表論の一発合格は現実的か。
②通信学習するにあたり、大原、TAC、LECのいずれが良いか。

現役の受講生の方、いずれかで受講経験がある方、現在同じような悩みを持っている方など、多くの方の意見を聞きたいです。
金額的に決して安いものでは無いので、慎重になっています・・・。長文、失礼しました。ご回答の程、よろしくお願いします。

補足プランとしては
~来年9月 簿記1級の学習(商業簿記・会計)を勉強し
来年9月~ 税理士試験(簿記論・財務諸表論)の講座を受ける予定です。

閲覧数:
733
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kum********さん

2012/12/2304:40:02

日商簿記一級は必要ないと思います。二級の商業簿記程度の学力が必要と言われています。
一発合格を目指すなら財務諸表論に重点を置いた学習が効率的です。簿記論は試験問題の傾向が予想しにくいため、基礎を中心にやるのが有効です。
LECは簿記論と財務諸表論を一つのテキストにまとめた講座を行っています。受講料を抑えるためでしょうが、初心者には分かりにくいとおもいます。
大原はテキストが丁寧で分かりやすく、個別の問題に重点をおき、問題集の解説も分かりやすいです。
TACは総合問題に重点をおいたテキストや問題集であるため、解説も足りないところがあります。しかし大原より実践的な内容であり、試験問題に近いレベルで勉強出来ると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cha********さん

編集あり2012/12/2222:40:57

来年の9月~専門学校の講座ですか?

補足を受けて
日商1級は、工業簿記や原価計算があることはわかってますよね。受験資格をとるために已む終えず日商1級を取るのでなければ、日商1級は無駄です。商業簿記や、会計学を満点取れるような勉強をしても、各科目で足きりがあるのだし、工業簿記や原価計算もきちんと勉強しないと合格できません。
即、簿記論と財務諸表論の講座に入ればいいと思います。既に始まっている分は、おいかければいいと思います。

est********さん

2012/12/2220:25:03

簿財から入るのが王道ですね。
ボリュームが有りますので、一発合格はなかなか難しいです。しかし、努力次第では一発合格も可能です。

大原もLECもそんなに大差ないです。
DVDなら繰り返し勉強出来ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる