ここから本文です

世界史の某参考書に「トマスモアとエラスムスは"ただならぬ関係"だった…」って書い...

kaf********さん

2012/12/2714:38:33

世界史の某参考書に「トマスモアとエラスムスは"ただならぬ関係"だった…」って書いてあったのですが、一体どういう風にただならなかったのかわかりません。教えてください!

閲覧数:
3,954
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ナイト67さん

2012/12/2717:49:13

私も詳しくは知らないのですが、モアとエラスムスは同性愛の関係にあったと云われています。
初めて遭った時から、意気投合したらしく多くの書簡も交わされています。
エラスムスは何度かモアの家に長期間の逗留をしていて代表的な著書である「痴愚神礼賛」(モーリア)もこの時に書かれていて、トマス・モアに「捧げられた」ものとも云われています。
二人共ルネサンスの時代に生きた人なのですが、この時期は同性愛を「最先端のスタイル・趣味」とするような風潮があったとされますので、こうした時代背景もあったのかなと思います。
もっとも、モーリアの執筆時にエラスムスは42,3歳でモアは9歳下ですので、”萌え”要素は少ないように思います(笑)

質問した人からのコメント

2012/12/31 11:59:50

降参 親父たちの愛ですか…
中世ってやっぱすごい!笑

みなさん回答してくれてありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jap********さん

2012/12/2718:57:53

ホモ達です。

トマス・モアとエラスムスの関係はエラスムスが本を書くために手紙で意見のやり取りしてるうちにお互いに愛しちゃった っていう話です。

のちにエラスムスは"愚神礼賛"を出版した。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる