ここから本文です

酸化還元の問題

nat********さん

2013/1/616:17:08

酸化還元の問題

市販の過酸化水素水25mlを(A)に用いて正確にとり
500mlの(B)にいれ、蒸留水を加えて正確に20倍に希釈した
この希釈水溶液20mlを(C)を用いて正確にとり
200mlの(D)にいれ蒸留水を加えて全量を50mlにしたあと
ヨウ化カリウム2.0gと3.0mol/Lの硫酸5.0mlを加え
ヨウ素を遊離させた。その後、(E)から0.104mol/Lのチオ硫酸ナトリウム
水溶液を滴下して遊離したヨウ素を滴定したところ
平均の滴定値は17.31mlであった



1、文中の(A)~(E)に当てはまる器具を答えよ
2、市販の過酸化水素水(密度1.0g/ml)のモル濃度と質量パーセント濃度を答えよ
3、この実験で①式の完成をさせるためには、ヨウ化カリウムが
理論上何g必要か

閲覧数:
204
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

2013/1/1218:14:29

1,
(A):ホールピペット、(B):メスフラスコ、(C):ホールピペット
(D):コニカルビーカー、(E):ビュレット

2,
原子量を、K:39、I:127 とすると、KIの式量は 166。
よって、ヨウ化カリウム 2.0 g 中のヨウ素は、2.0÷166 ÷ 2 ≒ 6.024 × 10^-3 mol。
チオ硫酸ナトリウムによるヨウ素の還元反応は、次式で表される。
I2 + 2*S2O3^2- → 2*I^- + S4O6^2- (半反応式)
これより、反応によって還元されたヨウ素の物質量は、
{ 0.104 × (17.31 ÷ 1000) } ÷ 2 ≒ 9.001 × 10^-4 mol。
これは明らかにKI 2.0 g 中のヨウ素よりも少ないから、過酸化水素が全量反応したと分かる。
過酸化水素によるヨウ素の酸化の反応は、次式で表される。
H2O2 + 2*H+ + 2*I- → I2 + 2*H2O
よって、20 mL 中の過酸化水素は、ヨウ素と同量の 9.001 × 10^-4 mol。
市販の過酸化水素のモル濃度を x (mol / L )として、
x * (25 ÷ 1000) × (20 ÷ 500) = 9.001 × 10^-4
∴x ≒ 0.900 (mol / L)
H2O2の式量は 1 * 2 + 16 * 2 = 34 だから、
34 * 0.900 = 30.6 (g / L)
これより、質量パーセント濃度は、30.6 ÷ (1.0 * 1000) ×100 = 3.06 %

3,
(①式というのがわかりませんが、過酸化水素による酸化反応だとして考えました。)
H2O2 + 2*H+ + 2*I- → I2 + 2*H2O より、必要なヨウ化カリウムの質量を y (g)として、
y ÷ 166 = 2 × 9.001 × 10^-3
∴y = 0.2988 ≒ 0.30 (g)


1,についてはあまり自信がないです
2,も桁が間違っているかもしれません、申し訳ない。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる