ここから本文です

日本の消費税が3パーセントから5パーセントに増税になったとき、世論はどうでした...

sak********さん

2013/1/1110:33:15

日本の消費税が3パーセントから5パーセントに増税になったとき、世論はどうでしたか。賛成と反対の具合はどのようでしたか。デモがおこったりしましたか。私はいま20歳で覚えていないので質問します。

閲覧数:
4,533
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kgb********さん

2013/1/1111:18:20

風潮としては止むを得ない、消極的賛成というところ。

消費税引き上げ前の経済状況はバブル崩壊以降としては比較的良く上向きでした、それに引き上げ前の駆け込み需要もあり1997年1-3月は絶好調でした。

ところが4月消費税増税以降急速に冷え込みましたが、政府から庶民まで駆け込み需要の反動で一時的なものとの受け止めで大きな反発もなかった。
ところが何時まで経っても回復せず気がついた時にはすでに遅し、反対批判のタイミングも失してしまった。

結果的にはアジア通貨危機もあり再び不況に突入し、不況対策等で増税分など吹っ飛びましたね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hut********さん

2013/1/1211:12:14

あの頃はネットも一般的でないし

テレビと新聞でわーわー言っている内に増税された。

dat********さん

2013/1/1110:57:41

これで財布の中1円玉だらけにならなくて済むかなと。
100gの肉を98gにすればいいだけのことでしたから。

kkk********さん

2013/1/1110:53:48

自民党の橋本龍太郎政権下でしたが、消費税を2%引き上げて景気が減速したというより、同時期に金融引き締めをしてバブル崩壊をした後遺症が続き、景気冷え込みに拍車をかけてしまったのです。
消費税アップがそれほど影響があったようには思いませんでしたが、消費税問題より、銀行やゼネコンの大手企業の破たん危機の方が社会的問題になって、社会不安が広がっていました。
のちに山一証券や北海道拓殖銀行が破たんし、大手ゼネコンもどんどん倒産しました。まったくひどい時代でした。
消費税を一方的にあげて、規制緩和や行政改革などの景気対策をしなかったのが一番の原因でしたが、社会混乱はしていました。現在の方が、景気は低迷していますが社会的には安定しているように思います。

ka3********さん

2013/1/1110:40:54

あの時は景気が急激に冷え込み、橋本内閣が退陣に追い込まれましたが差ほど反感はなかったように思います。
国民は、生活が切迫するのは分かっていても、国が世界でアメリカに次ぐ借金大国であることに諦めモードになっているとも取れるかもしれませんね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる