ここから本文です

よく10センチの津波観測とか言いますが、どうして普通の波でなく津波だとわかる...

denchibi215さん

2006/11/1820:33:27

よく10センチの津波観測とか言いますが、どうして普通の波でなく津波だとわかるのでしょうか。どうやって区別をつけるのか教えてください。

閲覧数:
35,169
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2006/11/1911:43:22

周期が違います。
風が作る波やうねりは、2秒~15秒くらいの周期で、
高い部分がやってきます。海岸で見られる波はたいていは
3秒から5秒くらいでしょう。
ところが津波は数分から数十分の周期があります。

気象台が観測している検潮所では、
港の海底付近に取水口がありますので、
短い周期で変化する風による波やうねりの影響は
海底にまでおよばず、観測できませんが、
数分にわたって、高い状態が続く津波の影響は海底にまで影響し、
観測することができます。
よって、検潮所で海面の上下運動が観測されると、
津波と判断できます。
検潮所では、10cmの津波は観測できますが、
1メートルの風による波(普通の波)などは
周期が短すぎて、海底まで影響が及ばず、ほとんど観測できません。

質問した人からのコメント

2006/11/19 15:13:41

成功 なるほど!よくわかりました。ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。