ここから本文です

旦那さんの死亡保険いくらですか? 我が家は旦那40歳私35歳娘2歳で 死亡保障12...

nandeman1さん

2013/1/1422:37:04

旦那さんの死亡保険いくらですか?

我が家は旦那40歳私35歳娘2歳で
死亡保障1200万です。
ローンなし持ち家です
もうすぐ更新なので下げようか迷っています

平均はいくらくらいですか

補足死亡保険の額だけに絞って質問しています。1200万でどの位生活できるか考えたら?と言われても、長生きするか、いつ死ぬかがわからないからこそ、いくらかけるか迷っているのです。

いま解答した人も含め、参考に皆さんは何歳でいくらくらいかけてるのか教えて下さい

閲覧数:
84,889
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kakofuyuさん

2013/1/1500:46:42

死亡保障を一番合理的に算出し保険に加入するなら収入保険が良いと思います。いつ死ぬかわからないですが、40歳なら万が一では無く、亡くなるのは100人に1くらいの確率です。ご主人が亡くなって月額15万円の給付金が本来給与を得らた65歳までの設定で加入した場合今すぐ死んで総額4500万円の保障です。ご主人がいつ亡くなるかわからないからこそ保険金が1200万円はあまりに悲惨です。脳梗塞、事故などで高度障害(車いす生活)になってしまっても生命保険から死亡保障と同額出ますが、1200万円では年収の何年分でしょうか?医療保険は入っていなかったところで健康保険からの給付金もありますし自己負担金は自分で出せないほどの金額ではない為(数十万程度)後悔はそんなには大きくありませんが、お子さんひとり育てるのには死亡保険金が少ないのは数千万円違ってくるので後悔があまりに大きいと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「死亡保険 いくら」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

juun11ayuさん

2013/1/1510:23:34

前の方も書いていましたが収入保障保険を選択しませんか?

質問者様が見ている保険は死亡の定期保険ですね。1200万の固定・・・

ざっくりと書きますが旦那様の年収が400万だとして毎年、年収が全て生活費だとすれば万が一の際には3年で底をつく計算になりますね。もちろん、貯蓄部分もあれば旦那様に使われた生活費もありますから3年は大袈裟かもしれませんが5~6年で底をつく計算になるかもしれません。奥様が働いているのならまた話は変わります。

もちろん、遺族年金もありますのでね。それも計算に入れる必要はありますよ。では、死亡保障の考え方は?

まず、死亡に対する保険を契約する目的から考えましょう。目的は『万が一の際に残された家族の為』ですよね。今回でしたら奥様と2歳の娘さんの為ですよね。娘さんが大学を卒業できるまで22歳くらいまで親として面倒見るのが親としての責任かもしれません。それを考えると娘さん、現在2歳なので残り約20年は守ってあげたくないでしょうか?旦那様も同じだと思います。一般的に遺族年金が約10万円貰えたとして収入保障穂保険で毎月10~20万くらい保障して頂ければ今の生活は守る事が出来るのではないでしょうか??20年間の保障にすると娘さん22歳、奥様(質問者様)55歳になっています。その20年の間に万が一があった場合には毎月、決められた10万~20万が質問者様の口座に振り込まれるわけですね。もちろん、一括の受け取りも選択できます(若干目減りする)簡単に言うと旦那様が貰ってきた給料を保険で保障するような”形”ですね。

旦那様の年収もわかりませんし預貯金もわかりませんので一般的な死亡保障の考え方を中心に回答しました。1200万では足りない気もします。質問者様は減額しようとしていたみたいですが万が一の際にはどうでしょう?それで、収入保障保険が高いの?って疑問が湧きますが今の保険と比べても高くないかもしれません。まずは更新型をやめる事を含めて全体的に保険の見直しをされてはどうでしょう?更新の度に保険料の値上がり、値上がりさせない為には保障を下げるのか解約返戻金を頭金として使うなどなど、あまりメリットありません。今の主流の保険は更新型ではありません。収入保障保険も更新ではありませんよ。わからない事ありましたら遠慮なくお聞きください。

soda10142001さん

2013/1/1500:28:59

生命保険文化センターの統計によると死亡保険金の平均は男性年齢別で以下の通りとなっています。
20歳代:1,734万
30歳代:2,228万
40歳代:2,815万
50歳代:2,326万
60歳代:1,267万
あくまでも平均です。
保険は、それぞれの方のライフスタイルによって必要な保険金額も変わってくるので何とも言えませんが、2歳のお子様がいらっしゃるのであれば、1,200万では持ち家があっても不足していると思います。

> 長生きするか、いつ死ぬかがわからないからこそ、いくらかけるか迷っているのです。
死亡保険は終身保険だけでなく、定期保険で「収入保障保険」や「生活保障保険」、「家族収入保険」といった保険金を一括で受け取らずに、分割して決められた金額を年払いや月払いで受け取ることができる保険もあります。
これですと保険料を抑えて、保証を確保することもできます。

2013/1/1423:52:37

1200万は少ないかなと思いました。

しかしもし旦那さんが亡くなった場合国から遺族年金が毎月支払いされるため、少しは足しになります。

しかしお子様が小さいと言うことなので、最低高校まで行かせるにしても金額的にかなり足りないかなと思います。

未来設計をしっかり作ってお子様にいくらこれから必要になるのか考えてみたら、いくらの保険金額があればいいのか分かると思います。また奥様も働いているのなら、それだけの保険金でいいと思います。

またお墓を買うのなら土地代、墓代、葬式代がいくらなどもまえもって調べて未来設計として考えてもらいたいです。
また保険金は全額もらえるのではなく税金がかかるので受取人が奥様ならいくらぐらいの税金がかかるのかも保険屋に確認するのも必要だと思います。その家庭によって必要金額は違ってくるので金額は比べるものではないと思います。自分で調べて、未来設計を立てて、もし今旦那さんが亡くなった場合はいくらあれば生活出来るのか。が大切になると思います。

またこれから保険に入るのなら、終身保険の出来れば60歳払いがいいです。更新あるタイプだと、更新する年齢が高くなる分金額も高くなります。また健康でなければ更新できない保険会社もあります。なので終身保険で契約した年齢の金額が60歳払いか65歳払いの保険をおすすめします。また、月4000円など安い終身を違う会社など2~3社加入をおすすめ。その会社により微妙に違ってくるので1つの保険で大きい保険に入るより、小さい保険で色々な会社の保険に入ることで、微妙に得が違ってきます。また5大病気や⑦大病気になった場合支払いしなくてもよくなるなど、その会社によって違ってくるので、色々調べると面白いですよ。掛け捨てタイプの保険は、もしがんや糖尿病などになった場合更新できなくなる会社が多いです。健康な方しか更新できない

comcomkomuさん

2013/1/1423:31:55

持ち家、1歳の子どもがいますが5000万です。
子供が自立するまではこのままにして、自立したら半分くらいにします。

とりあえず子供のために手厚い方が良いと考えたので。

厚生年金加入期間が短いと遺族年金もたかがしれているのであくまでもその補充として。

自立したり、後数年で年金を貰えるってくらいの年齢になったら葬式代+αでよいかなって考えてます。

shogo80001さん

2013/1/1422:47:49

ご主人の勤務形態や資産の残高によるので何とも言えませんね。
福利厚生が充実した企業のサラリーマンならその程度でもいいでしょうが、自営業などだった場合には全く不足でしょう。

1200万円あったとして、それで何年暮らせるか?計算してみてください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。