ここから本文です

慢性副鼻腔炎について

na0********さん

2013/1/2411:11:11

慢性副鼻腔炎について

脳のMRIを撮ったら、偶然、慢性副鼻腔炎が見つかりました。
鼻水や鼻づまりなど自覚症状は全くないので、驚きました。

やはり耳鼻科で診てもらうべきでしょうか・・
自覚症状がないので、このままにしておくとどういう事になるのでしょうか?
詳しい方、教えて下さい。

閲覧数:
7,260
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

編集あり2013/1/2412:45:22

副鼻腔炎は上顎洞、篩骨洞、蝶形骨洞、前頭洞に多くは、感冒に続発することが多く、普通は粘性、粘膿性鼻汁がみられ、副鼻腔自然孔が閉塞すると慢性副鼻腔炎へ移行する場合もあります。耳鼻咽喉科がよいでしょう。自覚症状がなくても、抗生物質、粘液修復薬、消炎酵素剤は膿汁排泄促進と抗生物質吸収促進の目的で、併用されることが多いです。薬物療法で効果ない場合は、上顎洞穿刺・洗浄療法、内視鏡下鼻内副鼻腔手術や外切開が必要になることもあります。自覚症状がないからといって放置しておけば、鼻漏や頭痛などの症状が出てきて、ますます悪化する可能性があります。

質問した人からのコメント

2013/1/31 06:22:25

降参 ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる