ここから本文です

F1でドリフトした方が速いケースってあると思いますか? F1でカウンタース...

kur********さん

2006/11/2609:26:01

F1でドリフトした方が速いケースってあると思いますか?

F1でカウンターステアが当たるほどド派手なドリフトが有効な場合ってあるでしょうか。7年ほど前、F1の予選をテレビで見ていたらシューマッハがレフトターン・ライトターンが連続するシケインをクリアするのに、最初のレフトターンへのブレーキングで直ドリ状態でリアを流しながら入って来て、カウンターを当てながらコーナリングして、当てたカウンターを利用して(所謂「カウンターのお釣り」で)次のライトターンをクリアして行きました。テレビ越しには、意図的にカウンターの揺り返しを利用したフェイントドリフトに見えました。因みにそのラップでシューマッハはポールポジションを獲得していました。あれはその当時「その方が速いから」狙ってやったと思うのですが。今でもドリフトの方が速いケースってあるのでしょうか?(もちろんタイヤの磨耗を考えたら予選でしか使えないでしょうけど)

閲覧数:
23,639
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rac********さん

編集あり2006/11/2709:23:34

シケインならば,リアを少し流して直線的に攻めたほうが速い場合もあると思います。
しかし,ドリフトするという場合は,コーナーの進入スピードが速いということですよね。
通常のコーナーでは進入スピードよりも,脱出スピードの方がその後のトラクションの関係で重要だそうです。
昔,鈴木亜久里さん(だったかな?)が「コーナーはスピードを落とす所ではない,加速する所だ。」というようなことを言っていました。

あと,質問のケースは,予選で単走だからギリギリまで攻めたということもあるでしょう。
決勝で競り合いながらコーナーに飛び込んで,ほんのちょっとの接触をした場合,ドリフトしてたらあっという間にスピンアウトです。

質問した人からのコメント

2006/11/27 16:29:46

有難うございました。私が見たミハエルのシーンは御回答のとおりシケインを直線的に抜ける為のものだったんですね。予選で使ったタイヤを本線でも使用する今のレギュレーションではもう見られないと思いますが。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wad********さん

2006/11/2712:45:07

ドリフトしたら遅いと思います。
スライドする程度なら速いと思います。

タイヤの特性上フラットスポットを作らない走りが
最速と考えていいのではないでしょうか。

フラットスポットはブレーキをロックしただけで出来ます。
フラットスポットが出来ると加速力も落ちます。

krs********さん

2006/11/2703:42:19

「F-1」に関して言えばドリフトして速くなりません。
よくドライバー達の「グリップ力が足りない」ってコメントがありますが、それイコール「速く走れない」って事です。
グリップ力が足りなければ当然マシンは「スライド」もしくは「ドリフト状態」になりますし、それを嫌うために「コーナーを遅く回る」しかありません。
ドリフトさせればマシンの向きを変えやすく、一見有効的に見えますが、ドリフトさせたマシンは、それまで「前」に進んでいたマシンがその時点から「横」へ進みだします。更にタイヤはグリップから空転へ変わります。その空転している状態(横滑り)からグリップさせて直進方向への力(前に進む力)に戻すには、かなりの「タイムラグ」があります。
タイヤがグリップ力重視で開発されているのも、ドリフトさせるより断然速く走れるからです。ですから幅も太いのです、直線スピードやドリフト重視ならタイヤは細い方が速く、ドリフトさせ易いです。
つまりF-1はタイヤのグリップ力で「前へ前へ」進めた方がコーナーは速いです。
よくオンボードカメラでドライバーが「カウンターをあててる」のを見ますが、カウンターをあててコーナーリングをしているのではなく、真っ直ぐにしようと「修正」のカウンターです。意図的なドリフトのカウンターではありません。
シケインなどの場合、縁石に乗り上げて少しでも小回りをしようとします。縁石に乗り上げたマシンは、一瞬タイヤが浮き、グリップ力が下がります。当然「横G」によりグリップ力を失ったマシンは多少スライドします、そんな時に「修正のカウンター」をあて、千分の1秒でも早くマシンを直進の方向にするのです。シューマッハもカウンターをあてずに回れるに越したことはなかったのですが、予選と言うギリギリのブレーキングで「たまたま」マシンのリアがブレてしまったのを「修正」したにすぎないですね。毎回の予選で見ないでしょ?

lrl********さん

2006/11/2619:23:23

カウンターを当てなければならない程のドリフトをすると、タイヤが異常摩耗を起こして使い物にならなくなるし、
『他車の進路を悪質に妨害した』と判断されて、ペナルティーを受けるでしょう。

ギリギリのグリップ走行、グリップとドリフトの中間が一番速いです。F-1でよく分かるのはモナコGPでしょうか。
あそこは路面のμがサーキットと比べて一段と低いので、粘着力の強いタイヤを必死に操ってますね。
1992年のA.セナはレース終盤にタレきったタイヤでまさにそれをやっています。
ほんの僅かなスライド量でN.マンセルの追い抜きラインを潰して押さえ込みました。

pun********さん

2006/11/2614:34:57

正確にはドリフトとグリップの中間あたりの走り方が一番速いです
なのでカウンター当たることもあるし そっちがはやいこともある
でも車がほんとに横向いちゃうと空気がデバイスにあたんなくなっちゃうんで遅くなっちゃう
この手のスライドでフラットはできないですよん^^
ずっとタイヤまわってるから^^
その映像は フォーミュラーの向き変えの速さによる錯覚か
ちょい失敗だと思います。。。
グリップ回復にはおもってるより時間がかかるんで
ながすフェイントは考えづらい
溜まった力を使用してのフェイントならみんなやることです^^
切り返しはそっちのほうがクイックですよ^^
それでは。。

def********さん

2006/11/2611:27:13

ないと思います。

ドリフト、スライド走法は、かつてタイヤ、車・足回りの剛性、路面のミュー等が低かった時代には、車の向きを変えにくかった。
だったらスライドして変えてしまえ、というものだと認識してます。
ラリーシーンでもグリップ走法が幅を利かせてきている現在、
特にF1のような最先端のカテゴリーでは、グリップ走法を想定して開発
されたタイヤ、足回りを限界付近まで使用したグリップ走法のほうが速いと思います。

ご質問の映像を記憶してませんし、私の勝手な想像ですが、
その場面のシューマッハは、彼の感覚での理想、最速の走りが車の性能を
超えた次元であったために、車がついてこられずに暴れだし、結果的にドリフト状態に陥ったのでは、と考えます。ですから、狙ってスライドさせたのではないと想像します。もちろん感覚はより高い速度域を想定しているので、スライドしても車は完全にコントロール下に置かれていたはずです。
例が違うかもしれませんが、高木選手がF1からFポンに移った年の走りは、まさにドライバーの感覚に車がついてこれていない感じで、コースの至る所でスライドさせていました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる