ここから本文です

タピオカって 原料はなんですの?

mom********さん

2013/1/2618:51:12

タピオカって
原料はなんですの?

閲覧数:
1,636
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hig********さん

2013/1/2618:59:20

タピオカの原料は、キャッサバ芋という芋のでん粉または、サゴヤシという木から取れるでん粉です。
それを雪だるまのように何層にも固めて作られたものが、タピオカパールと言われるツブツブです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oma********さん

2013/1/2619:33:06

タピオカはもともとサゴヤシの幹の内部を木槌のようなもので粉砕して取り出したデンプン粉から作られていたのですが、現在では価格の安いキャッサバから取り出したデンプン粉から作られるのが普通です。

デザートなどに用いられるタピオカというのは通常「タピオカパール」のことであり、キャッサバの一種の根茎から取り出したタピオカ粉を糊状にし、容器に入れて回転させながら雪だるま式に球形に加工してから乾燥させたものです。タピオカ粉はタピオカパールの他、麺類のつなぎとしたり、最近流行りのモチモチ食感のドーナツにも使われています。

実はキャッサバにはシアン化合物が含まれており、このシアン化合物が体内に取り込まれるとめまいや頭痛、嘔吐などが起こり、濃度が高いと瞬間的に昏睡に陥って窒息性痙攣を経て死に至るそうです。ちょっと古い記事ですが、フィリピンでキャッサバのお菓子を食べて食中毒にかかった子供が30人近くも亡くなったこともあるようです。そのためキャッサバからタピオカを作るには、粉砕してから水にさらし、水溶性有毒物質を取り除いてからデンプン質だけを取り出すなどの面倒な処理が必要です。

キャッサバはキャッサバ芋も呼ばれ、多くの地域では加工せずにそのまま焼いたり蒸したり揚げたり煮たりして食べます。私もパプア・ニューギニアでよく食べました。ちなみにキャッサバの毒性は加熱することによってなくなります。

写真は元祖タピオカの原料であるサゴヤシです。かなりの大木です。

タピオカはもともとサゴヤシの幹の内部を木槌のようなもので粉砕して取り出したデンプン粉から作られていたのですが、現在...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる