ここから本文です

”飽和脂肪酸”と”不飽和脂肪酸”の違いについて、分かりやすく教えて下さい。

ren********さん

2006/11/2817:45:06

”飽和脂肪酸”と”不飽和脂肪酸”の違いについて、分かりやすく教えて下さい。

閲覧数:
26,937
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nin********さん

2006/11/2820:45:47

上の方と重複しますが・・・。

飽和と言うのは、ある量以上いくと水分等に溶け切らず、ダマになって残る状態です。
砂糖や塩を溶かすと、ある程度は溶けますが、たくさん入れると溶け切らずに残ってしまいます。この状態が「飽和」です。

で、脂肪酸と言うのはぶっちゃけ脂の事で、人間の体温で「飽和」が起きる、つまり溶け切らずにダマになる分が発生する脂が「飽和脂肪酸」、人間の体温で溶け切ってしまい、「飽和しない」脂が「不飽和脂肪酸」です。

牛・豚の食肉獣は人間より体温が高く、人間の体温付近では脂肪が血液中で固まり易いです。
この為、飽和脂肪酸はドロドロ血の原因になります。

一方不飽和脂肪酸の植物油・魚油は温度が低いので、人間の体温付近でも固まりません。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ayo********さん

2006/11/2818:05:26

1、飽和脂肪酸は動物性で肉やバターに含まれる。冷えると白く固まります。過剰に摂ると血中のコレステロール値を上げて体には良くないですね。
2、不飽和脂肪酸はイワシやサバなどの青い魚やオリーブオイルやサラダオイルに含まれて冷えても白く固まりません。血中のコレステロール値を下げる役割があります。
*、簡単な説明なので詳しくは他の方の意見を参考にしてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる