ここから本文です

さいとうたかおのサバイバルを読んでいて、ナイフを一本買おうと思ったのですが、...

ops********さん

2013/1/3020:12:21

さいとうたかおのサバイバルを読んでいて、ナイフを一本買おうと思ったのですが、初心者なのでどれが良いのかよく分かりません。おすすめのフルタングのナイフがあったら教えて下さい。

色々検索してONTARIO 8770 アバニコ7とゼロトレランス zt0170の二つが良いなと思っているのですが、どちらがおすすめですか?

補足メンテナンス用具なども教えて頂けると有り難いです。

閲覧数:
7,233
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

LIGHTEDGEさん

編集あり2013/1/3101:06:35

実際に使いますか?
飾っておくだけなら好きな物を買えば良いけど、使うなら性能とかも考えなきゃいけない

ONTARIO 8770は刃渡りが16センチ 鋼材はカーボンスチールなので錆びる
ゼロトレランス zt0170は16.3cm 鋼材は14C28N ステンレス 普通のステンレス
実際に使用するならゼロトランスの方が錆びないので楽でいい


おすすめのフルタングシースナイフっていうと

ベンチメイド ニムラバス 名作フルタング 余り荒事には向かない
http://www.yamahide.com/factory/benchmade/bmitem/140bk.htm

コルト タクティカルフィクスト 料理向きだけど安いから荒事にもどんどん使える
http://sheffield.rgr.jp/colt/CT286_fixed.html

コールドスチール マスターハンター 料理から木を切るまで汎用
http://sheffield.rgr.jp/coldsteel/36JSK.html
SRK 同じく
http://sheffield.rgr.jp/coldsteel/38CK.html

BUCK ナイトホーク 料理よりも 荒っぽく使う向け
http://sheffield.rgr.jp/buck/650BKSTP_tops_nighthawk.html

どれも刃渡り10~15cm くらいで使いやすい
下ほど荒っぽく使えるナイフだけど見た目で好きなヤツを選んでも良いと思う


補足
砥石で研げばいいけど俺はシャープナー派
同じ鋭さで仕上げるなら腕もお金もかからないので便利

スパイダルコ トライアングルシャープメーカー
http://sheffield.rgr.jp/spyderco/204_sharpmaker.html
ランスキー デラックス
http://sheffield.rgr.jp/maintain/lansky_LKCLX.html

ランスキーの方が最初は楽だけど慣れればスパイダルコの方が
鋭くきれいに研げる
使いにくいけどホームセンターの1000円のセラミック棒でもok
どれもナイフを研ぐ前に練習で100円ショップの包丁でも研いでみると良いです

ステンレスは洗って乾燥させておけば後はしまっておくだけ
シースからは出しておいた方がいい(皮シースは特に)
塩水に触れたときや生肉生魚を切ったときにはすぐに洗いましょう
錆びやすいので

質問した人からのコメント

2013/2/4 20:51:05

ご回答ありがとうございました。
色々見てみた結果、ベンチメイド ニムラバスに決めました。売り切れだったので再入荷の分を予約しました。届くのが待ち遠しいです。
また機会があったら宜しくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mam********さん

編集あり2013/2/302:24:55

本来は用途によって選ぶのですが、使わないならば好みで選んで良いでしょう。
オンタリオもカーショウも昔からナイフ作ってますので双方の品質には問題無いでしょう。

サバイバルナイフで評価が高いのはアルマー、クリスリーブ、トップス、コールドスチール、バークリバー辺りですね。

ミリタリー系が好きならクリスリーブのグリーンベレーは特殊部隊の隊員資格を得るための「SPECIAL FORCES QUALIFICATION COURSE」の卒業生に授与されるナイフと同じ仕様のモデルとなっております。
http://sheffield.rgr.jp/creeve/green_beret_7.html

ですが、私のお勧めはバークリバーのブラボーシリーズです。
ブラボー1は米軍海兵隊の協力により開発されたモデルです。多数の市販ナイフを海兵隊が独自調査した結果、万能サバイバルナイフとして同社の「GAMESKEEPER」がトップの評価を受けました。海兵隊から依頼を受けた後、GAMESKEEPERに改良を加えて誕生したのがこのブラボー1です。 と言う説明がされております。
ラインナップも1、2、1.5の3種類の大きさがラインナップされております。
http://sheffield.rgr.jp/bark_river/111M_bravo1.html

実際に、このブランドのナイフは日本刀や和式刃物と同じ、ハマグリ刃の形状で削られているので、普通のナイフに比べ耐久性が期待出来ますし、ナイフ職人の技術も日本メーカーと同等かそれ以上に作りが良く高品質です。
本物の優れた使い易いナイフは形状も地味で、メーカーも主張しないけれど非常に高品質です。
http://www.youtube.com/watch?v=J4QkHtTKWrs

特にミリタリー系やタクティカル系とか呼ばれるナイフの中には、品質が悪いにも拘らず雑誌で誇張した宣伝を行ない、品質に合わない高値で売られているナイフも有りますので気を付ける必要が有ります。

過去には軍隊経験が無いのにも係わらず、特殊部隊のテロリストハンターだとか嘘の経歴を偽って販売されたり、米国特殊部隊出身の本人製作のカスタムナイフだと言って売られにも係わらず、実際には本人とは関係無い素人のメキシコ人を雇って製造していたとか言うナイフも有ります。
それらは作りもいい加減で防錆処理されずブラストされ適当に削られ缶スプレーで塗装されたナイフが、雑誌で宣伝され10-20万とか信じられない値段で売られた事も有ります。

雑誌ではネイビーシールズだとか特殊部隊だとかCIAの殺しナイフだとか、消防士警察軍隊等が皆使用しているナイフだとか言って宣伝しているにも係わらず、実際にはそんなナイフは全く使用していないばかりか、実際に野外で使用しよう物ならば、直ぐに錆が発生してネイビーシールズは勿論の事、通常のキャンプにすら使用出来ない糞ナイフも有りますので、値段が高い物は特に注意して選ぶ必要が有ります。(笑)

補足について。

メンテナンスでナイフを研ぐには研石かシャープナーが必要です。
出先で簡単に研ぎ直すだけならばシャープナーが適しておりますし、鋭利な刃付けをしたいならば研石の方が良いです。
研石やシャープナーはホームセンター等で普通に売られている包丁用の物で構いません。

ナイフを使用した後は軽く洗うのですが錆び易い鋼材にはオイルを塗った方が良いです。
錆止めも刃物専用の物で無くても5-56、エンジンオイル、カーワックス等でも構いません。

研ぎ後や磨き傷を消したりするのにコンパウンドも有った方が良いでしょう。
ホームセンターで売っているピカールやコンパウンドを購入すれば良いです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる