ここから本文です

副鼻腔炎について。 先日、副鼻腔炎と診断されました。 鼻水、たん、咳、頭痛...

coc********さん

2013/2/112:45:28

副鼻腔炎について。

先日、副鼻腔炎と診断されました。
鼻水、たん、咳、頭痛の症状がありました。
でも、半年前に謎の頭痛に10日程悩まされていて、ある日突然治りました。
その時は、脳

神経外科て見てもらい、MRIを撮りましたが、異常なし、偏頭痛でも、緊張性頭痛でもないと言われました。

昼間だけ目の奥が痛くなり、11時頃から強くなり午後2時頃には、すっきりしてくる、というのが毎日続きました。
今回も頭痛があるのですが、その時と痛み方も痛む場所も全く一緒で、
もしかしたら、その時から副鼻腔炎を患っていた可能性がありますでしょうか?
今回、耳鼻科に行った際、医者に
「かなり酷くなっている。前からあったのではないか。」と言われました。でも、半年前は頭痛以外症状がありませんでした。
症状が頭痛だけの場合もありますか?
経験のある方お願いします。

また、もう一つ副鼻腔炎について質問していますので、そちらもよろしければお願いします。

閲覧数:
1,556
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

his********さん

2013/2/115:16:46

副鼻腔炎は、鼻の粘膜が炎症を起こして、膿が溜まります。

顔の内部で、眉間~鼻~頬辺りに膿が溜まります。

頭痛がするのは、眉間辺りに膿が多く溜まっていると思われます。
豆に通院して、鼻の洗浄と飲み薬、点鼻薬で気長に治療する必要があります。
最悪、手術する方法もあります。

私も副鼻腔炎で治療中です。
症状は鼻づまりが酷く、頭痛はありませんでしたが、歯痛だと思っていたら頬辺りに膿が溜まる副鼻腔炎からくるものでした。

咳、痰、はなく、口鼻の臭いは特に感じません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mon********さん

2013/2/113:15:00

副鼻腔炎(俗称、蓄膿)は、普通は風邪などに続発し、上顎洞、篩骨洞、蝶形骨洞、前頭洞に感染が及び、粘性鼻汁、年膿性鼻汁、膿性鼻汁など進行したら出るようになります。また、前頭洞の感染では眼窩痛や頭痛などみられます、無論、上顎洞でも頭痛などみられたりします。症状が頭痛だけの場合も多いですので、見逃される場合もあります。症状が軽度の場合は、薬物療法で、マクロライド系の抗生物質(クラリス、ジスロマックなど)と気道潤滑剤や気道粘膜修復剤(ムコダインやムコソルバンなど)、消炎酵素剤などで治療しますが、ひどい場合は、上顎洞穿刺・洗浄など行い、改善されないときは、内視鏡下鼻内副鼻腔手術や外切開お手術を行ったりします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる