ここから本文です

亡くなった父親から、電話がありました、今でも信じられません、先月21日に間質...

yos********さん

2013/2/120:31:33

亡くなった父親から、電話がありました、今でも信じられません、先月21日に間質性肺炎で亡くなりました、23日に告別式を行いました、その後役所関係の手続きやらなんやらでバタバタと、そして

告別式からちょうど一週間後の30日午後5時ごろ、家の二階で一人でいた母親の携帯が鳴りました、その時母親は毎日の日課の日記を書いておりその日の出来事そして、一番最後にこれからどうしようと書いたそうです、その二分後に携帯が鳴ったのです、発信者名は父親!! 父の携帯は誰もいない一階にあり誰も触っていません、母はびっくりしたけど電話に出たでも無言だったので、お父さんありがとうね、心配しなくても大丈夫だよと言って切り、急いで一階に下りて父の携帯を見たところ二つ折りの携帯は光ってたそうです、その二日前には別の家に住んでいる、ひ孫の所に行ってたみたいです、ひ孫が天井を見てニコニコしてるから母親が誰か居るのと聞いたらおっきいじいちゃんいるよって、母親がじゃあおっきいじいちゃんにバイバイしようかって言ったら居なくなったそうです、あと携帯なのですが、知らない間に父から電話が掛ってました、亡くなってからは誰も触ってません、記録は全部亡くなってからのものです、三男には25日に一秒の記録が、不在着信なら気づいたのですが、あと父の携帯から母親に発信があったのですが、母の携帯には着信履歴はなかったです、何かどうしても伝えたい事があるのか、気になりますが、俺はそばに居るんだよって事を教えにきたのかなと、今もすぐそばで見てるかもしれませんが、今まで育ててくれて本当にありがとう、みんな大丈夫だよって伝えたいです 家族を亡くした遺族ですので、冷やかしや心無い中傷はおやめください

補足皆様心温まる回答ありがとうございます、chokocake5さん世の中不思議な事ってあるんですね、その後一回不思議な事がありまして、午前一時ごろパソコンのモニターを見ていると、非常にゆっくりとした動きで光がモニターの中を流れていきました、そばにいるよってアピールしてるのかもしれませんね^^ chokocake5さんのお母さんさんが娘さんの危機を知らせたのかもしれませんね

閲覧数:
258,668
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cho********さん

2013/2/122:00:00

はじめまして。

私も9ヶ月前に母を亡くしました。

携帯に連絡なんて、うらやましいです。


7年間会話もできない寝たきりにでの別れでしたので。


私個人は、霊とか宗教とか、全く興味なく
大脳生理学のみで生きてきました。

アンチと言うやつです。


しかし、母親を亡くし初めて見えぬ母を想い語りかけ、相談や愚痴ってしまうことも。目を閉じて。時には写真を見つめて。


もちろん返事なんてありません。
自己満足です。
悩みを、旦那子供には愚痴れないので(笑)


で、回答させて頂いた理由にこんな体験があります。


2年前、娘の通う認可保育園があり
0~2才児までの小規模でした。

ある日、夜11時に携帯を見ると着信あり。

着信時間は、夜9時半ごろでした。

履歴には確かに、○○保育園となっていました。


延長保育が夜8時まであるので、なんらかの理由で居残り先生がかけて来たのかなと思い、11時に気付いた時には、さすがに帰宅されたと思いましたが念のため電話しました。


案の定誰も出ません。


翌朝、登園して先生に話しました。

担任、副担任共に知らないとの事で、全員に聞いて下さるとの言葉を聞き、私は仕事へ。


夕方お迎えに行くと、先生に呼ばれ、携帯の着信を見て…

ひきつった表情の先生や、キャーっと叫ぶ先生が、、、


実は、昨日は延長希望者もおらず定刻の6時には園児全員帰宅し、園長も会議で姉妹園へ早くに出て、最後残った先生が同時に全員で閉めて帰ったのが7時だったらしく


9時半は誰もいないし、出戻りもなし、自動発信も無し、リダイヤルもなし、園児の保護者の電話はメモリ登録などせず、
毎回書類を見てかけるシステムだと説明して下さいました。


不思議なこともあるものだなと思って、理由も原理も分からず今に至ります。


保育園とは何もありませんが、その頃 娘が私の知らない所で身内に虐待に近い行為を受けていたのを後から知り、


もしかしたら、まだ亡くなる前の寝たきりの母が、孫を思い そのSOSを 念か何かで私に知らせたかったのかな?と考えたりしました。


娘と離れていた時間の出来事でしたので。


しっかりしなさい!と怒っていたのかも知れません。
母の携帯は無かったので、娘の保育園から着信した理由がきっと伝えるためだったんだと思う事にしました。


NTTにも問い合わせましたし。


誰にも分からない不思議な体験でした。

質問した人からのコメント

2013/2/8 18:20:55

皆様心温まる回答ありがとうございました、皆様全員ベストアンサーです あえて一人と言うなら悩みましたが、チョコケーキさんでお願いします、ふしぎな事ってあるんですね

「父親が亡くなった」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2013/2/700:52:38

私は祖父の亡くなる前日に子供たちと昼寝をしていたときに、祖父のお見舞いにいく夢を見ました。
当時9ヶ月、二週間前に祖父が入院して「末期がんでもう余命いくばくもない」と言われましたが、お腹のはりがあり、飛行機の距離を飛べず、お見舞いに行きたくても行けなかったのです。
祖父はニコニコしていました。いつものように握った手は暖かくて…
その日は土曜で皆が入れ替わり立ち替わりお見舞いに来ていたそうで、翌日未明に父より息を引き取ったとメールが来たときに、昼間の夢が「ああ、神様がくれた時間だったんだ」とわかりました。

あなたが暖かい気持ちになったとき、それはお父さんだと思いますよ。

not********さん

2013/2/121:39:30

なんだか感動しました。
お父様の優しさと、お別れを述べた皆様に。

私も、亡くなった父にどんな形でもいいから会いたいです。

どうかご遺族の皆様、これから早く元気を取り戻して
お父様が安心できるようお過ごしください。

アバター

ID非公開さん

2013/2/121:29:04

魂もしくは霊って、電気だか電磁波だかの塊だと聞いたことがあります。
ひょっとしたら「携帯電話」が一番伝えやすいツールだったのかもしれません。
「おーこれこれ。これで連絡しよう」とお父様が思われたのかもしれませんね。
きっと「オレがちゃんと見てるからな」って伝えたかったのでは。

pop********さん

編集あり2013/2/511:53:09

私の父親は、一月中旬に亡くなりましたが、父が携帯とか持ってないせいか、貴方のようなことは起こりませんでした。

いやあ、似たような事が、起こって欲しかったです~

お父さん、お別れ伝えたんですね~

実家に住んでいる母と姉は末期の介護とお葬式の事、役所関係、相続の事でおおわらわで、当時、二人はお父さんが死んで、<呆けたのか!>っともう一人の姉と本気で心配するほど、おかしな言動、行動が多かったです。
今は、普通に戻りましたけど。

皆さんが疲れたか、お父さんがお別れに皆のところに回ったか本当の事はわかりませんが、お父さんの魂のパワーは素晴らしいと思って一生の思い出にしてください。


●補足よみました
お互い、まだ父親の四十九日忌が済んでませんから、お父さん、あの世に行く前に、いろいろ連絡してるんでしょうか?

急に死んだら、本人もびっくりですから、コンタクト取ろうとされているのでしょうかね。

私の親は95歳で老衰です。完全に眠りについたので全然そういう連絡はありません。

合掌

編集あり2013/2/121:11:05

妄想ではなく、事実ですが、それは誰にも分からないのです。母が3年前に亡くなった時も不思議な事があったそうです。母の実家の仏間の障子がガタガタと音を立てて揺れたそうです。真夏の早朝でした。臨終に立ち会い、死に水を取った私は、その後で母の実家へ連絡しました。母の実家の従兄弟が電話に出て「やっぱりあれは叔母さんだったのか」と言いました。
それから初七日の日に、娘が2歳の孫を連れて帰ってきました。仏壇にお詣りした時に、孫が片言で「おばあちゃん あれ あれ」と指を指して言うのですが、他の者にはそれが何なのか分かりませんでした。孫には何かが見えていたのでしょう。
このような私達の常識や既成観念では理解できない不思議な出来事は、人の死に関わって起きるようです。貴方のお父さんも、きっと、遺した妻や、幼い子供が気懸かりになっておられたのでしょう。怨念だとは思えませんが、後々のお弔いを怠りなく、成仏される事をお祈り下さい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる