ここから本文です

交通事故の示談の時、保険会社は、相手が弁護士に依頼するのは、嫌いなんでしょう...

tar********さん

2013/2/216:43:32

交通事故の示談の時、保険会社は、相手が弁護士に依頼するのは、嫌いなんでしょうか?

閲覧数:
1,716
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aj3********さん

2013/2/219:33:37

示談交渉そのものは相手が被害者より弁護士の方が余計な気を使わなくても良いだけ(事務的の交渉できるので)交渉しやすい。

支払額は弁護士基準が前提になるので被害者との直接交渉より高額になることが多いが、過失相殺については基本通りの交渉ができるので極端に高額になる訳でもない。

私自身が現役の時は「弁護士が出てきてくれてラッキー」でした。

被害者にとって弁護士委任の有利・不利を考えたとき手間と時間がかかりますが、弁護士費用の心配がなければ「絶対有利」でしょう。一方、費用負担が生ずる場合はよく検討する必要があると思います。(すべての場合に有利とは言えないと言う事です)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dbs********さん

2013/2/217:43:03

ケースバイケース

例えば、交渉相手がアホ過ぎる個人相手なら弁護士が介入した方がいい場合もある

賠償額を抑えたいなかでの登場なら嫌かも知れない

bon********さん

2013/2/217:32:36

示談の際保険会社が出してくる慰謝料の基準は「自賠責基準」という被害者にとってとっても安い基準で示談を迫ってきます。

弁護士は「地方裁判所基準(弁護士基準ともいう)」で示談交渉をします。

地方裁判所基準は慰謝料が自賠責基準より高額になるため、被害者にとっては有利となります。

保険会社は当然支払いを安くで済ませようとしますので、弁護士が出てくると困ってしまいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる