ここから本文です

サイコパス15話のヘルメット需要はどこから?

サイコパス15話のヘルメット需要はどこから?

あの繁華街での人殺しの画像がネット上に広まったことで、人々の中でシビュラに対する信頼が一気に変わってしまったよう。

犯罪者たちが街の中でヘルメットを被り、次々と殺人・暴行・強奪をするようになってしまったのだ!!

この悪行になすすべもない一般市民たち。
目の前で次々と人が殺されていく。
喉を切られ、生きたまま燃やされ・・・。
そして・・・この異常事態に耐えられなくなった者たちが、どんどん精神異常をきたして行く事に。

それはやがて「正当防衛」という大義名分となり、異常者はヘルメットを被っている者の方だと、自らを正当化させ、
今度はヘルメットを被っていない一般市民たちが、ヘルメットを被っている者たちを襲うようになってしまったのだ!!
なんという負の連鎖。


正当防衛なら自分たちの色相は曇らない。
ネット上ではそんな噂も広まっているよう。

サイコパスの世界では凶暴な精神異常者は犯罪を犯す前に予防拘禁されていますよね。またヘルメットは武器じゃないので強くなっているわけじゃない。無償でヘルメットを頒布しても受け取り人が居ないのでは?

閲覧数:
632
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gar********さん

編集あり2013/2/623:12:15

暴徒にこんなニュアンスのセリフがあったはず。
「色相が濁りやすい体質のせいで、ろくな仕事につけない。俺達は最初から人生が終わってる。」
槇島は収容所に送られないスレスレの層を狙ったんでしょう。何もしてないのに危険人物の烙印を押され、しょぼい人生を押し付けられ、抵抗しようにも科学的根拠を突きつけられ、そりゃあ絶望しますよ。

質問した人からのコメント

2013/2/9 20:36:33

感謝 16話で潜在犯として隠れ住むうんぬんっていう台詞がありましたね。
これだけの管理システムを構築してもまだ漏れがあるとは驚きです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

exe********さん

2013/2/600:30:13

いたじゃないですか。
精神状態が犯罪を起こす一歩手前になっていたけれど、ギリギリセーフだったり、一押しがなくて燻っていた連中です。

ヘルメットをかぶっている限りは、防犯関係スルーだし、センサーやドミネーターは反応しません。
そもそも全体的に警戒心が皆無ですから、犯行前の通報や反撃の確率は低いです。

問題があるとすれば、ヘルメットを脱いだ後の犯罪係数ですが、本編をざっと見た感じではそこまで考えられる人はヘルメットを使っていないように思えます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる