ここから本文です

耐震計算について

ari********さん

2013/2/810:51:01

耐震計算について

自立制御盤の耐震計算について添付画像のようにピット内に架台を設置し、制御盤を据付ようとした場合の耐震計算を行い各ボルト、アンカーの選定をしたいのですが、ボルト、ナット止めとアンカー止めとがある場合などはどのようにすればいいのでしょうか。
通常?の設置(自立盤ベースをすべて床面にアンカーボルトで固定)であれば、ネット等で検索してなんとか計算できたのですが…
添付図のような場合も、その計算結果を流用しても大丈夫なのでしょうか。
また、このような場合、ピット内に架台を固定するアンカーボルトについても耐震計算はできるのでしょうか。

質問内容が分かりにくいと思いますが、宜しくお願いします。

架台,耐震計算,アンカーボルト,自立制御盤,ピット内,ボルト,全重量×0.5×重心位置

閲覧数:
4,535
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

2013/2/821:21:19

自立制御盤って転倒防止用のL字の固定具とかで固定するものかと思いますが、あなたは設備屋さんですか?
制御盤と架台を接続しているボルトについては、右側のボルトと同じ力が作用しますね。
一応ピット内だし小さい物なので、全重量×0.5×重心位置(高さ/2)/右と左のボルトの芯~芯のスパン/片側のボルトの使用本数=1本のボルトに作用する引張力です。
架台下のボルトは、架台が変形せずに力を伝達できる構造であれば、上のボルトと同じ力が作用するとして問題ないと思いますが、
自立制御盤ってスチールのロッカーみたいな物ですよね?もしも大きな力が作用するなら、制御盤の底板と架台の天板が変形するように思いますがって、アンカーボルトの設計が必要になるほど大袈裟なものなのか、やや疑問に思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる