ここから本文です

解約手付と損害賠償の予定としての違約手付は実質的に何が変わるのですか?

sal********さん

2013/2/812:17:27

解約手付と損害賠償の予定としての違約手付は実質的に何が変わるのですか?

閲覧数:
605
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuu********さん

2013/2/813:37:10

売り主の立場に立つとカンタンです。

買い主が支払日を過ぎていつまでも代金が払われず引き延ばされている時に、新しい買い手が出た時を想定します。

解約手付なら、売り主は手付け倍返しのキャンセル料を払わないと自分からキャンセルできません。

違約手付け金なら手付け金を支払いが遅れていることを理由にいただきつつ、キャンセルできます(倍返ししません)

質問した人からのコメント

2013/2/9 08:56:06

降参 お二人ともありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sam********さん

2013/2/813:26:26

解約手付は、売主なら手付け放棄、買主なら手付け倍返しすれば、自らの意思で契約を解除できるというもので、手付け放棄、倍返しでは契約解除できない段階までに至り、債務不履行による解除がされるときに違約金として扱われることになりますが、解約手付けの金額も違約金も同額であれば、経済的利益損失は変わらないといえますから、実質的に変わるとしますと自身の判断で契約を終了させられるか否かの違い、もっといえば、自身の判断で問題なく契約を止めた人と判断されるか、それとも約束違反して契約を解除されてペナルティーを支払わされた人と判断されるかの違いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる